トークンセール

いつはじめても損しない為の仮想通貨ブログ&バンクエラとは。動画多めに。仮想通貨の始め方&マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい仮想通貨ブログ

スペクトロコインと規制とAML5とKYCと

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

crypto-b.com

comsa.hatenadiary.jp

crypto-b.com

/

こんにちは、クリプトスペクトロコインブロガー・アオムーです。

アオムー@仮想通貨情報 (@aomra_00) on Twitter

 

オススメのバンクエラ・スペクトロコインの記事

バンクエラの特徴&今後の将来性を解説/新時代の銀行仮想通貨BNK - トークンセール

スペクトロコインfaucetでタダでビットコイン もらう方法 - トークンセール

バンクエラのBNKトークンの今後の予想!2019年の価格や将来性を考える - トークンセール

 

KYCとAMLとスペクトロコインの話

スペクトロコインのツイッターっで、このようなツイート。

SpectroCoin on Twitter: "Cryptocurrencies have changed the way we interact with the world and the way corporations interact with users. A new AML directive is to be implemented to limit the risks of illegitimacy. More in-depth facts: https://t.co/JSFHHclIv5 #aml #kyc #compliance #fintech #regulations"

 

<意訳>

仮想通貨はお金の流れを変えた。

違法行為やリスクを制限する。

だから規制も変わっていく。

AML5(アンチマネーロンダリング第5章)

 

 

EUの基準であり、それはそのままそこに合わせてビジネスは成り立っていくため世界の基準にもなっていくのですが、

 

アンチマネーロンダリングな規制があります。

 

それが、アップデートされて

仮想通貨関係も規制対象になって、

 

2020年から、同盟国っていうのかな?

EU加盟国か。法令を遵守するようにと。

 

 

スペクトロコインとAML5

 

ということで、

なぜ、スペクトロコインはAML5のことを改めてツイートしたのか。

 

 

まったく関係なかったらこんなツイートしないし、そもそも公式ブログにこんな内容の記事書かないし。

 

思いっきり、関係あるから書いたんですよね

 

ということで、ブログを見てみましょう。

スペクトロコインのAML5の記事

 

スペクトロコインの記事をざっくり意訳しますと。

 

すべての業者が関係あるマネーロンダリング規制であって2020年に発行される。

 

AML5で、クリプトカレンシーも規制対象になった。

 

これで、仮想通貨・暗号資産は法的な地位を得た。

 

金融部門に関係する場合は匿名性のある取引はできなくなる。

KYCが必須になる。

リスクが高い第三国が関係する場合は、より厳しい要件が適用される。

 

(=゚ω゚)。

 

とにかく不透明な取引をなくし、マネーロンダリングを動線から省きます。

 

スペクトロコインは、どんな影響を受けるのか

 

わざわざブログにこんな規制があるんだよー

2020年から始まるんだよー。

 

なんて書いて、ツイートするってことは、大きな影響があります。

 

 

一番の影響は、

バヌアツの件じゃないですかね?

 

2018.01.26/バンクエラがバヌアツの銀行(パシフィックプライベートバンク)を買収 - トークンセール

Perveskへの罰金命令まわりで起きた出来事を調べる_Bankera - トークンセール

 

プライベートバンクを買収したんですけど、

バンクエラさん。

それが、NGになるんじゃないですかね??

 

いや、勝手な予想ですけど。

それか、EU加盟国のリトアニアからでるか笑

まったくリトアニアとバヌアツを別のものとしてとらえるか。

 

ここを、守っていくとすれば、

それはKYCも含めて、しっかりルールに則った形で運営されていくであろうと思っています。

 

改めてKYC作業が必要になってくる

 

たとえば、現状メールアドレスだけで取引してる人も多いと思うんですよね。

たしかできたはず。

 

それが、KYCマストになる。

 

最近、どこの取引所も出金に関してはKYC必須だったり、わりと当たり前になってきているので、どこかの匿名性のあった交換所みたいなところも、KYC必須になったし。

 

 

この流れ自体は、多分止められないのであろうと考えます。

 

もちろんベースの考え方がサイファーパンクなわけですよねビットコイン。

 

だからそこらへんは、なんか感情的に難しい部分もあると思うんですけど、

どーなんだろ。

 

しょうがないのかなぁ(=゚ω゚)

 

 

 

スペクトロコインとしてはチャンスでもある

 

ここまできたら、ルールにのっとって、運営することが最大の強みになっていくのではないでしょうか。

 

ブロックチェーンのプロトコル、ガバナンスで勝負してないので、完全に人のルールに、社会のルールに則るしかないのです。

 

EUの世界で、へんな失点をしないでのし上がっていくしかありません。

 

 

それかEUを捨てて、リトアニアをすてていくか

(=゚ω゚)笑

 

 

まあ、面白くなってきました。

どーなっていくんでしょ。

 

来年以降も楽しみですし、

とりあえず、年末の取引所ですが、

 

あと1ヶ月となってきました!!

 

のこり1ヶ月!!

2018年もあと1ヶ月!!

 

わかりやすい仮想通貨ブログを目指します。セキュリティに特化した仮想通貨ブログを目指しまず