トークンセール

いつはじめても損しない為の仮想通貨ブログ&バンクエラとは。動画多めに。仮想通貨の始め方&マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい仮想通貨ブログ

ZRXのコインベース上場でICO(ERC20)トークンへの風当たりが弱くなった気がする

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

アオムーが新しく始めた仮想通貨ブログです

comsa.hatenadiary.jp

crypto-b.com

/

トークンへの風当たりがやんわりやんわり緩くなっている気がして嬉しい。

 

クリプトERC 20ブロガー・アオムーです

アオムー🦄 (@aomra_00) on Twitter

 

コインベースプロっていう、トレードだから取引所ですね。もちろんコインベースのサービス。そこにZRXっていうICOをしたトークンが、上場しました。

 

ZRX is launching on Coinbase Pro – The Coinbase Blog

 

 

いやー、ありがたや。

 

 

 

これの何がすごいって、というか、めでたいかというと、やっぱり証券なのか証券じゃないのか。っていう議論が活発に(今も行われているんでしょうけど)ネタになってたときに、

 

ICO系は全滅だ。って話になってたんですよね。

 

んで、証券だと話めんどくさいと言いますか、違法って枠になっちゃうトークンたちがでてくると。そーなると、すくなくとも時価総額下がっちゃいますよね。天下のアメリーカ様が、

 

認めん。って言い出したら(=゚ω゚)

つらたん。

 

ていうか、そもそもアメリカがよき、よきくない、っていうのと、仮想通貨って関係ないんですけどね。でも、所詮現在の世界に溶け込むって考えたらアメリカに認めてもらえるってすごい大きな話で、しかも、現状トークンというか、プロダクトや仕組み自体も、完全な自律分散的な考え方から、ある程度の集権的な動線は必要だよね。って話に少しなってたり、最先端だと思ってたプロジェクトもなんやかんやトラストな部分があって、

 

なーるーってなーるー。

 

 

んで、コインベース。

アメリカのニューヨークだっけな。

 

仮想通貨取引所コインベースのカストディ(資産管理) NY州が認可

 

ニュ〜ヨーク。

世界一、基準が厳しいとかとかとかな、NYのルールの中運営しているコインベース。といいますか、ここまでくると、コインベースがルールメイカーみたいな立場なんじゃないですかね、

 

アメリカの、戦略的に。

ニューヨークがルールをつくる。

 

そこで、ICOトークンのZRXが取引可能に。

でかい。

 

でかいよーー。

 

でも、一個気をつけなきゃいけないのは、ZRXはお手本みたいなICOトークンらしいです。

 

通貨暗号ROM on Twitter: "$ZRX #トークンメトリクス ◾︎割合 50% ICO(private,pre,lockupなし) 15% 保管用(5年以降の予算) 15% 開発用(都度) 10% 運営用(当初2.5%,1年後以降,3年間毎月約0.2%配布) 10% 早期支援&アドバイザー用(都度) ◾︎現在流通枚数 545m/1,000m ◾︎用途 ユーティリティ&ガバナンス投票 お手本🙄🙄🙄"

 

こーゆーふうにみるんだ(=゚ω゚)笑

なるほどん。

 

 

ということで。ICOトークンだからすべてオーケーなわけでなく、しかもEUはまたICOトークンに厳しい印象だし、ほんといろいろ見なきゃいけないこと多くて大変ですん。

 

でも、すくなくともすべてがエラーってわけじゃなく、ICOしててもそれなりに認めてもらえる可能性が出てきたのは、よかったです。

 

これは、とても前向きなことだと思います!

握りしめている、あなたのトークンも消されずに済むかもしれません笑

 

そして、まだまだいくつか、トークンは上場する可能性らあるので、次何か上場したらまた前向きなニュース。

 

そして、きっと来年でしょうねw

それか年末。

 

そこまで、全力待機!!!

 

ありがとうございました!

スマホで書いております。

 

また近々(=゚ω゚)!

乗り切って次の波に乗りましょう!!

 

わかりやすい仮想通貨ブログを目指します。セキュリティに特化した仮想通貨ブログを目指しまず