トークンセール

いつはじめても損しない為の仮想通貨ブログ。&バンクエラとは。仮想通貨の始め方&マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

仮想通貨の実需ってなんだ

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20181127232622j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

comsa.hatenadiary.jp

ネットワーク効果って言葉がメインだと思うのですが、

 

参加してる人数だっけな?

 

 

規模が増えれば、それだけどかーん!って話。

価値が高まっていく。

 

それ=実需。

 

 

実需ってなんだ。

 

 

 

コンビニで、

 

 

なんちゃらコインで

 

 

っていう感じを、想像してるのか。

法定通貨換算とかじゃなく、

そのままネイティブなデータで支払うとか。

 

絶対そーいうシーンは増えてくるけど、

実需っていい方的にはメインに匹敵する何かが。って。

 

んー、あんまり想像できない。

もちろん、今までお金に替えることができなかった何か。

 

ゲームアイテムとか、

テキスト量とか、

空間の時間とか。

 

代替が効かない系トークン。

支払いとかじゃなく。

 

そっちは、ものすごく花開く気はしてます。

通貨系に関しては持ち続けるインセンティブを作らなきゃいけないわけですが。

 

持ち続けるインセンティブって、

ようは利益ですよね。

 

何かしらのビジネスによって利益を上げて。

それをホルダーに還元する感じ。

 

好きだから!(例えば好きな人が発行した通貨とか)ってことなら、

代替できない系の方がいいと思うし。

 

そうでなければビジネスとして売り上げて、

還元ってカタチ。

証券ぽいやつ。

 

そーなるのかなぁって。

 

 

実需ってなんだ。

 

 

そーなると、

通貨って線は、あんまりないのかなぁって。

 

やっぱり仮想通貨はシステムだと思う。

 

実際に使われるとかじゃなく、

どんなシステムか。

 

佐藤さんみたく言語化できる人になりたい。

 

 

距離感的に、

 

日常生活と、

株式会社の株。

 

くらいの距離感になるのではないかと思ってます。トークンて。

 

ただ。オンラインショッピングで、こんなトークンもってるんだけど。で、裏で簡単に交換してその価値をそのまま使える。って動線は十分にあるのかなーって。

 

 

 

ただ、そーなると、実際に使われる。っていうよりは、

「ビットコイン換算でいうと」

 

ってことになると思います。

 

ということで、

 

実需とは使われるシステムってことだと思います。

 

どんなトークンでも一瞬で、ビットコイン換算?でトレードできて買い物できる場所とか。

 

あとは、システム、プロジェクト自体のトークン化。こっちは今。はやってますね。

 

これは実需とかではないと思うし。

 

となると、悔しいかなアメリカで証券トークンて認められて最初に配当が出せるトークン&そのトークンを買えるプラットフォーム。

 

が、何か超える圧倒的なパワーになるのかなぁ。

難しい。ゲームっていうのが、一番楽しいけどw

 

じわっと浸透。

 

結局これか。

 

 

あと、巨大な組織が買収するって流れができてきたから、KYC系、データをデセントライズ管理で持ち運びできるシステムを、どっか買収すると面白いなぁって。

これは実需だな。

 

まあこんな感じの話でした。

 

実需ってなんだ。

 

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます