トークンセール

バンクエラとは。トークンエコノミー時代のお金の増やし方。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

実は今年一番のニュースかも_SpectrocoinのInfobalt加入の話/Bankera

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

スペクトロコイン着々

スペクトコインのツイッター&ブログに

 

がっちり握手してるニュースが流れました。

 

 

 

 

 

 

とのことです(=゚ω゚)w

 

 

スペクトロコインの公式ブログです。

SpectroCoin joins ICT industry giant - Infobalt

 

 

コネクションが重要な金融や決済の分野で活躍をしようとしている

スペクトロコイン&バンクエラなのでこの流れは

とても大きいと思います。

 

ICTとInfobalt

 

ICT業界の大手Infobaltに加わった。とのことですが、

はて(=゚ω゚)?

 

 

調べます。

 

flets-w.com

 

一番最初に出てきた(=゚ω゚)

 

インフォメーション&コミュニケーションテクノロジー。

 

へー(=゚ω゚)笑

 

IT(情報技術)にコミュニケーションが加わったって言われるとなるほどって思います。

 

ICT業界のジャイアン=Infobalt

 なるほど。Infobaltはジャイアン(Giant)です。

 

https://www.infobalt.lt/en/about

 

infobaltのアバウトページ。

「Who We Are 」

 

INFOBALTは、リトアニアのICT業界における投資と協力の機会を含む、あらゆる国際要請のための単一の窓口です。

https://www.infobalt.lt/en/about

 

なるほど。

 

 

窓口なのか。

それで年10億ユーロも稼いでいるのか。

ザ・リケンw

 

でも、そっち側に入れたということは、

権力を得たということです。

 

うんうん。

 

f:id:memento377:20180728152233p:plain

 

「Spectro Finance」って名前もあった。

おー(=゚ω゚)

 

 

んで、

 

Infobaltは2つの主要国際機関のメンバーです。

 ひとつは、

 

「DIGITALEUROPE」

DIGITALEUROPE - Representing the digital technology industry in Europe

 

もう1つは、

 

「Witsta」

Witsa

 

 

DIGITALEUROPEはツイッターもやってますね。

DIGITALEUROPE (@DIGITALEUROPE) | Twitter

 

WITSAもやってるけどあんまり力入れてない感じ。

WITSA (@WITSA1) | Twitter

 

 

 

こういう団体に属しているジャイアンInfobalt(=゚ω゚)

 

スペクトコインのブログに戻ると

SpectroCoin joins ICT industry giant - Infobalt

 

リトアニアのフィンテック一流戦士たちが集まっている場所、

それがInfobalt。

 

ここが中心となって、

魅力的な金融規制や機会の創出をしていこうと活動しています。

そのために、国際機関、政府機関、財務省との公的な対話に従事しています。

 

SpectroCoinは、他のメンバーの中でも、規制の開発、FinTech業界の問題の解決、リトアニアにおけるブロックチェーン技術の実装に関する最新情報とアイデアの提供に参加します。

SpectroCoin joins ICT industry giant - Infobalt

 

リトアニアに対して、ブロックチェーン技術の実装に関する最新の情報とアイデアを提供しているスペクトロコイン(=゚ω゚)

素敵やん。

 

印象とまとめ

仮想通貨プロジェクト、全体を見渡しても、

こういうパブリックな動きみたいなのがとても大事になってきていると思います。

 

あくまでバンクエラはビジネス。

ブロックチェーンを活用したビジネスなので、

 

こういう国を巻き込んだり、他の有望な企業とコミュニケーションを取れたり、

規制のディスカッションに加われる段取りをうまく進めることができたのは、

とても、とても、重要な部分だと思います。

 

多分、実は2018年の中で一番大きなニュースかもしれません。

 

 

デセントライズなクリプトエコノミクスな世界は、

ビットコインさんやイーサリアムさんに任せて、

 

うまくリトアニアという国を巻き込んで、

より大きな活動ができたらいいと思います。

 

結構、バンクエラにとってここから、

「銀行」ってワードがすごく重要になってくると思います。

 

公式ブログからも、

Private Banking Services | Pacific Private Bank

(バンクエラが買収した銀行)

に絡む記述といいますか、たまにバンクエラにアドバイザーとか加わるんですけど、

幾つかの記事は消えてたりします。

 

Private Banking Servicesのメンバー紹介ですが、

f:id:memento377:20180728155543p:plain

この2人バンクエラかな?アドバイザーとかでたしか(元かも)。

 

 こんな感じ。

 

でも、多分もー公式アナウンスといいますか、

なにか具体的に動きがあるまで情報は出ないと思います。

 

バンクエラ以外の仮想通貨プロジェクトでも、銀行やオフィシャルなものが絡んでくると全然情報が出なくなりました。

 

 

何もなければお伝えしたいこともありますが……

みたいなこともなんとなく伝わってくるバンクエラ。

 

 

 

 僕としては、コインベースとガチンコで勝負できるところまで来て欲しいなと思います。

 

結局、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の次、

WEB3.0時代もアメリカかよ!

 

なんてならないために。

 

マイニング最大手が中国ってのも面白いし。

 

アメリカの機関が何かを認める認めないが、

とても大きなキーワードになってるのもなんか結局アメリカかい暗号通貨も!

って気持ちになるし、ドルとか関係ない世界動線つくるんじゃないんかーいとも思うし。

もやもや。

 

なんとか、バンクエラがんばってー。

あんたが主役になったっていいんだよ。

もちろん他の数多ある仮想通貨も。

 

ここはクリプトの世界じゃ。

 

ありがとうございました。

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます