トークンセール

クリプトセキュリティブログ。&バンクエラとは。マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

Airdrop/エアドロップの今後_エアドロップは今後とても重要になっていくしマイニングに近くなっていくのでは

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

f:id:memento377:20180714183018j:plain

優秀なプロジェクトは、

今後エアドロップ/AirDropを利用するプロジェクトが増えてくるんじゃないか。

 

って話。

 

 

 

トークンはデジタルの世界に落ちているものになる

 

まだまだ数年間は、運営がいて、運営がコミュニティ準備して、

イーサリアムのアドレス教えてよ!とか、

イーサリアムじゃないやつもどんどんでてくるとは思いますが。

 

だれかが、マーケティングのためであったり、

これは証券じゃないよ。というかICOがメインじゃなかったよ!

 

なんて言い訳のためであったり、

(最初からトークンならそんな心配はいらないけど、通貨って言いたいならすごく大事な部分)

エアドロップはものすごく大事な役割を締めていくとおもっています。

 

なんで無料でもらえるか不思議なトークン

まずそもそもトークンには価値はありません。

最初は。

 

だから無料で配ったっていいんです。

 

そしてマーケティングのために配ります。

なんか持つと応援したくなるじゃないですか。

 

 

上記の2つだけでも、

今後ますますエアドロップが主流になっていくのは明らかだと思います。

 

 

 

まずはエアドロップもらうためのウォレットを手にいれよう。

AirDropで元手ゼロ円からお金持ちになろう!_Gincoウォレットエアドロップ対応! - トークンセール

 

 

 

コモディティ目指して、デジタルネイチャーの中でばったり出会う感じになる

 

最近、勝手にウォレットに送りつけてくるトークンがあったり

(これは怪しいやつが多いので気をつけて。)

してますが、

 

これら全て現在は運営が行っております。

 

人の手でといいますか、

もちろん自動化されたりとかはあるんでしょうけど。

 

ここが、完全にトークン設計の中に組み込まれていくのではないでしょうか。

 

 

トークンの設計の中にエアドロップが組み込まれる。

そしてシステムの中で自然にいろんな人に、

 

配られる。

 

こういう形が増えてくるのではないでしょうか。

そして事前に運営などに配られることもなく、

 

すべて、システムの中でトークンが発行されていく形。

 

運営というか、作った人たちは、

トークンモデルという新しい経済の、ビジネスのルールを作ったわけです。

 

つくったルールの中で、

例えばお金を儲けたいなら十分に儲けることができるし、

 

結局ルール作ったやつが、

一番儲かるってやつです。

 

分散化してるとしても、

システム稼働後、思い通りにうごなくとも、

やはりトークン設計者はいつでも有利です。

 

 

 

 

マイニングの色々な形が出てくる 

スタートがプルーフオブワーク。

 

分散化されているデータベースへの書き込みをみんなで検証して

んじゃおっけーな。ってスピードとかを競って一番早く、

計算できた人に報酬を与えられる。というやつ。

 

なんか、閲覧者のパソコンを勝手に使ってマイニングしたらつかまった話がでてましたが、将来的にマイニングってそういう形になるのではないでしょうか。

 

5Gと性能アップと24時間オンライン

 

5Gのタイミングで1つ大きな波が来ると勝手に信じてますが、

 

ネットワーク限界費用が限りなくゼロに近づく。

 

ゼロといいますか、

上限がなくなるといいますか。

 

ネットワーク会社が儲からなくなると困っちゃうので、

いまみたく5000円くらいはかかるんだけど、

 

その契約で、

 

24時間、ネットワーク接続してオンラインでライブストリーミング(HD or 4Kクラス)できるような契約になる。

 

Wi-Fiみたいなインフラの価格破壊からなのか、

宇宙開発の流れで、宇宙空間にネットワークが完成して、何か大きな技術革新が起きるのか、それはわかりませんが、

 

ネットの上限がなくなる。

そうなると、あとはデバイスの話になってくるのですが、

 

マシンパワー自体も、

クラウドでもちろん生み出せるだろうし、

なんだかんだ、デバイスは残るだろうし、

 

ここでデバイスが残った場合、めっちゃパワフルなはず。

 

そして、世の中にはコンピュータが大量に出現する。

 

24時間オンラインとマシンパワーが確保された場合、

いつどこでもまずマイニングができると。

 

そして、そこに、ネットワーク貢献度によって、

マイニングの質が変わってくると。

 

そのゲーム内にどれだけいるか、とか、

スポーツ系ならどれだけランニングしたか、とか、

ブログ系ならどれだけテキストを積み上げたかとか。

 

ネットワーク貢献度×24時間マイニング可能体制構築

 

こうなってくると、自分が参加したいコミュニティーで、

常に行動していれば、

 

常にマイニングが可能ということになるのではないでしょうか。

その先行パターンがエアドロップ。

 

あまり分散化されてないシステムで、

でも発行されるのはトークンで。

運営が最初まったくもってない。

 

ここからシステム条件をクリアしていった人だけ、

エアドロップで無制限にどんどんもらえる。

 

そんなシステムって案外流行るのではないだろうか。

 

こんな近い将来のエアドロップを考えた。

 

まとめ

なにが言いたかったかといいますと、

エアドロップもマイニングも、

 

大きな差がなくなるとおもっています。

という話です。

 

電気代価値説でもあるビットコインが崩れる可能性でもある、

ネットワークと電気がコモディティになるという、

2040年以降くらいの話ですが笑

 

そこに動線があるとしたら、

近い将来は、

 

とりあえず、トークン配っとけ説はけっこーあるんじゃないのかなと。

 

そして、だからこそ、

そんな適当にもらえるトークンは食わず嫌いをなくして、

もらっておくのが吉なのではないでしょうか。

 

今、多くのトークンがイーサリアムベースで作られています。

イーサリアムの受け取りアドレスも発行できる、

使い方が超簡単なGincoウォレットはエアドロップ参加にオススメです。

 

エアドロップ対応Gincoの記事

 

バンクエラって仮想通貨プロジェクトが今年末か来年頭くらいに取引所を作るのですが、そこに上場予定のLympoってトークンもGincoと提携してエアドロップする予定みたいです。

 

こういうマーケティングがとてもうまいLympo。

2018.05.04/バンクエラ取引所上場予定のLympoの最近のマーケティングが面白い - トークンセール

 

ツイッターを始めて、

エアドロップいっぱい紹介しているアカウントフォローしてもらってみましょう。

けっこー1000円とかなったりとか普通にあります。

 

仮想通貨はこれからです。

ありがとうございました。

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます