トークンセール

クリプトセキュリティブログ。&バンクエラとは。マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

仮想通貨のこれから/ICO&エアドロップの為にパスポートを取ろう!KYC&KYC

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

パスポートもってますか?(=゚ω゚)

 

パスポート取得

 

僕は先日初めて取得しました笑

 

 

なんちゅーツイート笑

 

とりあえず、取得できました。

よかったよかった。

 

なんだかんだ面倒くさいんですよね。

 

そして、仮想通貨の為に取得したなどとは、

なかなか日常で公言できないのでww

 

 

とりあえず、台湾にでも行きたいと思います。

マイパートナーは台湾へ3泊4日で3万円台(=゚ω゚)

 

 

まじかよ、まあ平日行ってましたけど。

そんな簡単に平日友人とスケジュール合わせられるの?

なんちゅー友人。

 

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

これから厳しくなるであろうトークンセール&エアドロップ参入

 

とりあえず、どこで妥協点といいますか、

折り合いつけるかわかりませんが、

 

ICO/トークンセールをするトークンに関しては、

今後、来年くらいからですかね。

 

多分、アメリカでは完全に証券の方向で動きますし、

日本はアメリカの真似をするので、日本でもそーなっていくと思います。

 

トークンが証券化されること自体は、まあそーだよね、

っていう感じで。

 

どちらかというと、

 

「証券がトークン化」

 

っていう方が、正しいというか、

ポジティブな言い方なんじゃないかと思います。

 

しっかりとした基準の中で、

仮想通貨の流動性をもった証券ができるのであれば、

 

それは、それでいいのではないでしょうか。

こまるプロジェクトもあると思いますがw

 

そこで、規制により、

トークンセール&エアドロップに参加する側もある程度の、

セキュリティーといいますか、制約は加わってくると思います。

 

 

その最大の手続きが本人確認です。

 

「KYC」=Know Your Customer

 

まあ、本人確認です。

日本の仮想通貨交換所に登録するときも、

必要でしたよね?

 

あれ。

 

あれの、外国版(=゚ω゚)w

 

 

ここで、必要になってくるのが、パスポートです。

 

 

 

仮想通貨をゲットする為に、パスポートを取ろう!

 

ということです。

僕、このあいだDFINITYっていうプロジェクトのエアドロップ参加したんですよ。

参加っていうか、登録?

 

2018.06.11/仮想通貨/DFINITYのAirDropに参加_本人確認が運転免許証でいけた/KYC - トークンセール

 

↑このプロジェクトの特徴とかまったく書いてないんですけどw

 

 

これだ。

 

スライドショーで見るパターンの資料。

 

 

ビットコインが存在の証明を作り出して、

イーサリアムが存在の証明を展開できることを示し、

DFINITYが展開された世界で誰もがアッセンブルできるコンピュータを提供する

 

ってかんじですかね。

キャッチコピーでいうと、

 

DFINITYは「スーパーコンピューター」です。

 

ビットコインがネットワーク上に存在を証明し、イーサリアムが存在の証明をプラットフォームにし、そのプラットフォームにスーパーコンピュータを作り上げようとしているのが、DFINITY。

 

そんなワクワクするプロジェクトのエアドロップ。

なんか最初はトークンセールするとかしないとか。

 

そんな話だったらしいのですが、

このタイミングだからですかね。

エアドロップです。

 

そしてそれに参加するには、KYCが必要でした。

(本人確認)

 

ただ、ラッキーなことに僕は、ダメ元で打ち込んだら(パスポート持ってなかった)

「運転免許証でもええで」

ってことで、KYCクリアできました。

 

 

でも、そんなことよりパスポートとった方がいいww

 

いま、わりと仮想通貨逆風です。

ジャイアンたちが、参入するタイミングをうかがってるのもあるだろうし、

少し足止めして、少しでもみんな得をしようとしているタイミングです。

 

 

でも、ここ乗り切ったら、

実は、ここからです。

 

仮想通貨&ブロックチェーンん技術は、

まだ何も成し遂げていません。

 

これから、インターネットが生まれてからもちろんうまれた、

フェイスブック、アップル、アマゾンが生まれてきます。

 

それが生まれるタイミングはまだ何年か先かもしれませんが、

そのタイミングでいつでも参入できる状態をつくっておく。

 

 

その為にパスポートを取りましょう。

みんな持ってるって(=゚ω゚)?

 

僕だけか!!最近まで持ってなかったの!!?www

 

 

旅券統計(=゚ω゚)

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000335477.pdf

 

4人に1人くらいだそうです。

パスポートもってるひと。

 

100億人いたら、25億人はもってるけど、75億人は持ってない計算です。

(=゚ω゚)

 

 

 

そうだ、パスポートを持とう。

 

 

パスポートの取り方〜本題

本題までが長い(=゚ω゚)w

 

 

正直面倒くさいです。

でも、簡単です。

やることは。

 

あとお金が1万5000円から2万円くらい(トータルで)かかります。

 

 

1、基本ググれば全部でてきます

 

はい、「パスポート 取得」

とかでやればでてきます笑

 

て、いうのも味気ないので書きますw

 

www.mofa.go.jp

 

まず、全国の公式リンク集。

これさえあれば(=゚ω゚)

 

 

東京だと、

新宿・有楽町・池袋・立川

とかです。

まあ全国的にみても、

 

主要な街にあるってことだと思います。

 

 

なので、ざっくりした流れをいうと、

 

「必要な書類を揃えて、パスポート申請センターへ行く。(一週間後)出来上がったパスポートを再び取りに行く」

 

 

ということです。

 

 

まずやること「必要書類を揃える」

これさえ終わっちゃえば、ほぼ終わりです笑

 

人によってもちろん多少必要なものは違うと思うのですが、

凡人の僕は、

 

1、パスポート用写真 (駅のインスタント写真機で撮影)

2、住民票(住んでる街の役所かマイナンバーがあればコンビニでも取れるから楽)

3、戸籍謄本(これが一番やっかい。なんたって本籍地で取る必要有り)

 

 

パスポート用写真 = 800円

住民票 = 300円

戸籍謄本=450円

パスポート5年(11000円)10年(16000円)

 

 

マイナンバーみんな持ってるんですかね?

こっちも仮想通貨始めるときに必要だなーって取りました笑

まだ住民票くらいなんですけど、

僕は意外と便利だなぁって思ってます。

 

 

住民票(正確には「住民票の写し」)

 

必要なもの、本人確認書類(=゚ω゚)笑

 

ここは免許証であったり。パスポートであったり……え?w

 

戸籍謄本も同じ。

意外と、本籍って正確なやつ知りませんよね?

 

住民票に「本籍記載希望」みたいな感じでチェックいれれば、

住民票にそのまま本籍地記載してくれるはずです。

 

んで、住民票握りしめて、

本人確認書類握りしめて、

 

自分の本籍地にある役所までゴー!!!

 

 

なので、僕的には住民票とって

握りしめて戸籍謄本とるのがええと思います。

 

こっちも全部記載なのか

なんなのかでネーミング変わるので、

 

戸籍全部事項証明書

 

ってやつでいいです。

婚姻届に必要な戸籍謄本のもらい方、戸籍抄本との違い【完全ガイド】

 

 

パスポート取得最後の注意点

パスポートセンターには二回行きます。

 

そしてだいたい、一回目の申請は、時間かかるし大変です。

そしてそして!!

 

一回目の申請手続きは、

基本土日できません!!!

 

 

営業時間9時〜19時とか17時とか(=゚ω゚)

 

なんとか、仕事ぬけて、

平日の午前中行きましょう。

 

すいてます。

 

 

ということで、

 

とにかくパスポートを取ろう!!

次はKYC記入欄だな。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

では

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます