トークンセール

クリプトセキュリティブログ。&バンクエラとは。マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

2018.06.11/仮想通貨/DFINITYのAirDropに参加_本人確認が運転免許証でいけた/KYC

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

f:id:memento377:20180611080623p:plain

 

DFINITY

 

なんかめちゃくちゃ前評判のいい、DFINITY。

相変わらずそんな評判はTwitterで聞くわけですが、

調べると、大型AirDropをやると書いてありました。

 

なんか、ICOを回避するのかな?

 

タイミング的なことなんですかね(=゚ω゚)

 

公式サイト

DFINITY - The Decentralized Cloud

 

 

公式ツイッター

 

3500万ドルのDFNトークンエアドロ……。

 

公式テレグラム

t.me

 

本人確認

 

KYC=Know Your Customer

AML=Anti-Money Laundering

 

本人確認。アンチマネーロンダリング。

 

(=゚ω゚)なんじゃこりゃ。

ってことでここで止まる方すごく多いと思いますが、

ただの本人確認です。

 

パスポート

最近やっとパスポートを取得しました笑

 

そうです、海外に行く予定などありません。

KYCのためですww

 

 

これから、ますます、本人確認など厳格になっていくと思います。

トークンセールが厳しくなって、

アメリカがどうでるかにもよるのですが。

 

 

ICO/トークンセールやエアードロップに参加するためには、

パスポートが一番重要になってくると思います。

 

あと、デビットカードとか。

 仮想通貨はデビットカードとか多分組むことが増えてくるので、

とりあえずパスポートは取っておきましょう。

 

海外旅行も行けるしww

 

 

でも、今回は運転免許証

なのですが、

 

 

今回パスポートをまだ持っていなかったので、正直諦めていたのですが、

なんかもしかしたら、マイナンバーカードとかでいけるんじゃないか!

 

ってひらめいて、本人確認だし(=゚ω゚)

 

流れでやってみたんですよ。

 

英語で、「パスポート写真のせてね」

 

 

って部分に、思いっきりパスポートをスマホで撮影した写真をのせて。

んで、登録したんですね。

 

そしたら、もちろん失敗ww

 

 

だったのですが、

逆に運転免許証って認識してくれたのか、

運転免許証アップロードページに案内してくれました笑

 

 

すげえ(=゚ω゚)

 

ここから思うに、

ドライバーライセンスとパスポートはある程度国際的にいけるんじゃないかと。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

注意点

なんでしょうね。

本人の写真、公的なパスをネットにあげるっていうのは、

なんかいやだなーってのは、すごくあります。

 

なので、この確認作業も、

「確認作業会社」が、まとめてやって登録しておく。

 

的な流れになってきそうです。

その組織自体もデセントライズ(非中央集権/ブロックチェーンみたく自分でうごくシステム)になっていくのでしょう。

 

 

CoinList - Services for the next generation of technology companies

 

なんか、こんな窓口といいますか。

そりゃブロックチェーンにこのタイミングで参入するわけですから、

テクノロジーに強いはずですが、

 

それでも何から何まで自分のところで一から組むのは大変です。

だんだん。こーやってアウトソーシングするんじゃないですかね。

 

セキュリティの部分が怪しいとこより、

よっぽどいいし。

 

もちろん、こーゆーサードパーティを排除するために、

するためにってわけじゃないか。

 

ブロックチェーンという、相手を信用せずとも取引ができるという、

前提のなにかがあるわけですが、

 

うまくバランスっていくんでしょうね。

 

まとめ

本人確認がある。ってみても、あきらめず、いやがらず、

とりあえず、本当に参加したいプロジェクトならやってみましょう。

 

運転免許証でいけるかもしれません笑

そしてパスポート取得しましょう。

 

あんど、

 

身分証を載せることに抵抗があるならやめましょう。

ただ、まだ10年以上先ほ話だとは思いますが、

 

個人情報をネットワークに載せるのは主流になると思います。

より暗号化された状態だとは思いますが。

 

ブロックチェーンベースの暗号化されたまま処理できるプロジェクト上にできるアプリケーションとか。エニグマ的な。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます