トークンセール

バンクエラとは。トークンエコノミー時代のお金の増やし方。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

2018.06.05/バンクエラの上場サプライズ_EU電子マネーライセンス某と提携

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

最近毎日ニュースがでるバンクエラ。

ありがたいです。

 

 

バンクエラ関連の記事です。

バンクエラとは

バンクエラ公式サイト

 

バンクエラ/Bankeraが取引所のデモ版を発表しました。

 

バンクエラの前の記事

2018.06.03/バンクエラ/HitBTC上場後の次のステップ_取引所&パートナーシップ&カード&金融商品 - トークンセール

 

 

バンクエラ連載のまとめ記事

バンクエラのニュース連載まとめ/ICOから上場まで2017〜2018 - トークンセール

 

事業内容関係記事一覧

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容/Bitcoin&ブロックチェーンのこれから01 - トークンセール

 

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容02/コンセプト - トークンセール

 

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容03/バンクエラのベースの送金や決済や - トークンセール

 

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容04/収益の部分とBNKトークンの予定 - トークンセール

 

バンクエラのMVP! スペクトロコインの紹介

スペクトロコインでマルチ仮想通貨ウォレットをつくろう!

 

バンクエラのトークン紹介記事

バンクエラ/BNKトークンとは?

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 ニュース続々

youtu.be

 

 この記事の直前のニュースが下記です。

まあ、パートナーシップなんていって、非常に興味をそそる内容でしたが、

comsa.hatenadiary.jp

 

ここから、この記事の、

 

「EU電子マネーライセンスを取得している企業との提携」

 

っていう、今回のニュースになってきます。

ぱちぱちぱち。

 

 

記事書いてる最中に、

多分、上場するのかな。HitBTC(=゚ω゚)

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

こちら公式のサイトです。

Bankera | Banking for the Blockchain Era

 

こちら公式のブログです。

Bankera is proud to announce a Partnership with an Electronic Money Institution licensed in the EU – Bankera

 

こちら日本語の公式ツイッターです。

 

 

ライセンスと持つ機関!!

いぇーい笑

 

なんかまだよくわかってないけどすごーい。

いえーい(=゚ω゚)

 

 

ということで、

しっかりした記事を読みたい方はこちらへ

bankerajp.com

 

英語の文を訳してくれてます。

 

 

僕はこれからグダグダしながら読みますw

 

 

さて、乗り込むか(=゚ω゚)

英語かもん!

 

ブログを読もう

f:id:memento377:20180605005441p:plain

 

エレクトロニック

マネー

インスティトゥーション(=゚ω゚)

 

電子

マネー

イエィーwww

 

 

まあ、契約書っぽいイラストなのでライセンス的なことですね、うんうん。

 

 

タイトル

Bankera is proud to announce a Partnership with an Electronic Money Institution licensed in the EU

Bankera is proud to announce a Partnership with an Electronic Money Institution licensed in the EU – Bankera

 

(=゚ω゚)

 

 

バンクエラ いず 誇りに思うぜアナウンス。パートナーシップ

ウィズ エレクトロニックマネーイェーww ライセンス イン EU(=゚ω゚)

 

やべえ、institution が ライセンスと関係なかった笑

 

 

institution = 機関

 

なるほど(=゚ω゚)

 

 

訳すと、

「バンクエラはパートナーシップのアナウンスを誇りに思っている。電子マネー機関のライセンスもったやつらとの事な」

 

 

え、

 

 

すごくないですか?笑

 

 

電子マネー!!!

 

フィアーット!!

 

 

(=゚ω゚)www

 

2018.05.30/スペクトロコインのビットコインが無料でもらえるAirDropみたいな蛇口企画 - トークンセール

 

さて、何が起こるのか。(=゚ω゚)

 

 

イメージの話

 

ブログでいつも使う例え話ですが、

 

携帯電話にインターネット機能をくっつけるのか。

 

モバイルパソコンに電話機能をくっつけるのか。

 

 

同じ話だけど、全然違う。

 

 

ガラケーなのか、

スマホなのか。

 

 

銀行が一機能として仮想通貨を扱うのか。

 

仮想通貨プロジェクトが銀行機能を扱うのか。

 

 

既存の銀行なのか、

バンクエラなのか。

 

 

悲しいかな。

 

銀行が扱ってる券は、国が発行しているものでありまして。

現在マトモなプロジェクトに関しては、

だいたい国籍がありません。

なぜなら国という、区切り方がもう時代遅れになってしまうかもしれないから。

(人も情報も移動が簡単になったせいで)

 

根本的に分散化された真のブロックチェーンはそもそも国はないし、

ビジネスの延長線上でトークンを扱っているプロジェクトも、

ほとんど法律が緩い(仮想通貨&金融)国に移動しています。

 

 

バイナンス、ADK、バンクエラ……

というか、今のアメリカとか日本の基準が正義になったら、

 

んー。

完全に仮想通貨は裏社会になっちゃうし

 

むしろ、ヨーロッパ系の自由とか権利の国々の人は怒るのではないか。

 

 

そもそも、国の仕組みが信用(トラスト)に値するのか。

そーなってくると、銀行が貸借りしている信用券は、どうなのよ?

 

ってことになってくるわけです。

 

 

だから法定通貨の利便性を上げるために、

仮想通貨の良いところ使おうとしても、所詮法定通貨万歳なのです。

 

 

でも逆に、仮想通貨の利便性を上げるために法定通貨の良さ(みんな持ってる&まだ当分みんな信用してる)を取り入れると、それは仮想通貨も信用できるな。

 

 

仮想通貨にとってはとってもプラスな話です。

 

バンクエラ

 

バンクエラが法定通貨の良さを取り入れるってことです。

なんか、バンクエラの信用度が増すし笑

 

別に実際BNKが使えなくたっていいんです。

支払いは法定通貨でいいんです。

 

電子マネーでいいんです。

勝手に、バンクエラの中でBNK&仮想通貨を法定通貨にしてくれれば。

そこがみそ。

 

お金の流れ

 

お店で、

「支払いはバンクエラで」

ってスマホかなんか出して、

 

バーンクエラーァァァァ(電子音)

 

って音がして、支払いが完了。

実際払ったのは法定通貨。

(バンクエラが勝手に法定通貨にエクスチェンジしてくれる)

 

だからそもそも、この通貨じゃなきゃだめ!!

なんて硬いこと言ってないバンクエラは強いんですよね。

ビットコインも、イーサもネムもBNKもダッシュも。

これが、操作なしで勝手に空気よんで変換できるようになったりしたら、

さらに強い。

 

はい、このQRコードはビットコインだから勝手にそうやってしはらいますー。

みたいな。

 

そしてその中の法定通貨。

たまたま、手段の1つとして法定通貨を選ぶ感じです。

 

法定通貨っていう選択肢があると、

バンクエラの口座にお金を入れておくと便利ですよね。

 

使いやすいし。

決済としても。

仮想通貨にもすぐ変えられるし。

あれ、なんか投資もしやすい!

ん?てか、銀行機能もある!

 

「今、このポジション、すべてのトップランナーが狙っているポジションです」

 

 

メルカリ……ライン……テレグラム……アマゾン……楽天……

自分のところにお金を貯めさせて、そこの中でお金を回す。

 

それがたまたま法定通貨であり、仮想通貨なのです。

 

んで、上記のトークンがそのまま取引所で交換できるようになった場合。

コミュニティーだけで回ればよかったトークンが、気づいたら世界で回っているという。

 

だから国としては、中国くらいしっかり遮断するか、

受け入れるか。どっちかじゃないと、どうにもならなくなると思います。

 

好きなだけ逃げていくし。

逆に言うと、

好きなだけ入ってくるんですけどね。

 

そーゆー発想にならないのかなー。

だからバンクエラってところにお金を入れておく理由がどんどん増えてくると思います。

 

そーゆー戦略だから。

 

それが、ブロックチェーン時代の銀行。

銀行は機能にすぎない。

法定通貨も選択肢の1つにすぎない。

 

 

ここらへんがバンクエラの強みだと思います。

 

まとめ

電子マネーとパートナーシップを組むということは、

法定通貨という選択肢を得ること。

法定通貨の良さは、みんなが持ってるところとどこでも使えるところ。

みんなが信用しているところ。

 

そこをバンクエラに組み込めるのはとてもでかい。

 

文章ぐちゃぐちゃでしたが、

上場記念でゆるしてください笑

 

 

せっかくだからHitBTCみますか。

 

f:id:memento377:20180605022825p:plain

 

 

200さとし(=゚ω゚)

2円くらい……なんとか保ってますw

 

 

 

ではまた!

 

ありがとうございました!

 

 

バンクエラの次の記事

Bankera/スペクトロコイン以外のウォレットでレベニューシェアもらえるか試した_とりあえずMyEtherWallet - トークンセール

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます