トークンセール

好きな仮想通貨の情報を楽しい感じでまとめてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

仮想通貨エニグマ/Enigma/ENGとはなんぞや03_公式サイトを見てみよう「Enigma can change the world」

トークセール

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです



エニグマの情報を記事にまとめてます。

自分のためでもあります笑

 

以前に書いた記事↓↓

 

仮想通貨_エニグマ/Enigmaとはなんぞや_どんなプロジェクトなのか公式サイトを見よう - トークンセール

 

2018.05.24/仮想通貨エニグマ/Enigmaとはなんぞや02「What can we build?」 - トークンセール

 

エニグマ/Enigma/ENG

 

公式のリンクです。

 公式のツイッターです。

 

んで、

 

エニグマの公式のリンクです。

Enigma Scalable Privacy for Every Blockchain

 

仮想通貨系はブログっていうんですかね、

情報をMediumってところで書くのが多いので、

 

Mediumのリンクです。

Enigma Project – Enigma

 

ここら辺をみると、だいたいわかります。

が、英語です(=゚ω゚)

 

なので、

 

エニグマジャパン!!

ここをみれば、だいたいわかります)日本語(=゚ω゚)(

 

 

ちゃんとした情報は、上記リンクから手に入れましょう笑

ここでは自分のためでもありますが、

情報を噛み砕いて、まずは公式サイトを読んでいこうと思います。

 

ちなみに、今までの記事です。

comsa.hatenadiary.jp

 

これで流れとしては3回目の記事で、

そろそろ脱線しないで、公式サイトいじりは終わりたい笑

 

「Enigma can change the world」

エニグマ キャン、チェンジ ざ・ワールド!!

Enigma Scalable Privacy for Every Blockchain

 

話がでかいw

f:id:memento377:20180526192333p:plain

 

Enigma’s privacy protocol unlocks billions of dollars in value for individuals and industry. Here are just a few examples of fields our protocol can completely reshape.

Enigmaのプライバシープロトコルは、個人や業界にとって価値のある数十億ドルの価値を生み出します。 私たちのプロトコルが完全に形を変えることができるフィールドのほんの一例です。

https://enigma.co

おう!可能性があるって書いて有ります。

 

ええこっちゃ。ええこっちゃ。

 

今ネット上でデータを送信したときに、

なんてんでしょ。

 

受け取った側は、その情報を見ることができるわけですよね。

情報として、データとして把握できてしまう。

 

でも、暗号化されたままの情報で、

手続きを認証できた場合、

例えばクレジットカードみたいな決済のタイミングでもいいです。

 

そこで、完全に相手にもクレジットカードの情報が特定されないで

決済ができるのであれば、

ネット上で信じることができるスペースが今よりぐっと増えると思います。

 

まあもちろん、仮想通貨のウォレットでそれができれば一番いいのですが、

様々なことが同時並行に進んで行くと思うので、

 

クレジットカード自体は決してなくならないでしょうし、

なんか信用力が強いですよね。カードって(=゚ω゚)

 

一個ずつ見ていこう。

 

f:id:memento377:20180526193447p:plain

 

えーと(=゚ω゚)

 

パーソナルデータ。個人データ。なんか指紋マーク。

あー、指紋の管理いいですね。

 

だれかに管理されるのではなく、分散化された台帳(データベース)に登録しておくんですよね。そーすると世界中でそのデータベース(きっとブロックチェーンみたいな)にアクセスできて、身分を証明できる。みたいな。

 

世界共通パスポートみたいな感じですね。

って、これ写真と関係ない話ですがw

 

んー、グーグル先生がうまく訳してくれなかったので、

雰囲気で伝えると、

今までは個人情報を、欲しがってる企業がいて(ぐーぐるとかフェイスブックとか)

そこが、そのデータを売ったりビジネスに利用して利益を得ていた。

しかし、これからはエニグマを使えば、そのデータを企業に与えないで、自分自身からデータを欲しい相手に直接渡せるので、利益は自分自身に入ってくる。

 

みたいな話です。

 

中間搾取がなくなるってことですね。

今までは大きなプラットフォームに搾取されていましたが、これからはじぶんにその利益が入ってきます!

 

わーい(=゚ω゚)

 

f:id:memento377:20180526194727p:plain

 

ヘルスケア、& げのみくす?ゲノム的な(=゚ω゚)?

 

先ほどの話とも近いといいますか、

ヘルスケア企業もその個人のデータを暗号化されたままデータを扱うことができるので、そのまま、研究機関に流せますw

 

普通ならそういう行為は、個人情報の漏洩といいますか、

悪いことです。

 

でも、個人が特定されない形で渡すことができるのであれば、

それはディスカバリーズ & イノベーション なわけです。

 

多分、今までがそういう弊害で情報を回すことができなかったんでしょうね。

日本でいうと個人情報保護法みたいなやつ。

 

f:id:memento377:20180526195353p:plain

クレジット(=゚ω゚)?

なんだ、クレジットって。

 

クレジット = ざっくり言うと「信用」

 

なるほど(=゚ω゚)

 

クレジットカード(=゚ω゚)

だから信用があるんだ笑

(多分、すこしニュアンスは違うけどw お金の貸方とか信用取引とか。でも結局信用ってこと)

 

デセントライズバンキングシステム。

なるほど。

お互いに、貸す方も借りる方も身元を明かさず信用の流動性が生まれると。

それの裏付けはもちろんブロックチェーンであり、シークレットコントラクトです。

 

今現在、お金借りるって行為も、

めちゃくちゃ情報もっていかれますからね。

 

ブラックリストとか笑

 

借金。って発想自体も変わるかもしれませんね。

お金自体が回っていればいいわけで。

 

貸すとか借りるとか。そーゆうことじゃなくて、

なんていうんだろ。

回ればいいんですよ笑

 

うまく言語化できないw

 

まあ、だれか発明するでしょう。

 

 

f:id:memento377:20180526200255p:plain

IoT!!

IoT!!(=゚ω゚)!!

 

なんでもかんでもネットに接続された世界。

一瞬恐怖を感じませんか?笑

 

プライバシーもへったくれもないじゃないか!

 

でも大丈夫。

 

エニグマがあるからね。

アップル的なCMですがw

 

企業自体が、データ収集を諦めてくれるか。

っていう部分はありますよね。

 

今までそこですごい儲けていたから。

手放すか。そんな大事な利権。政治ですよここまでくると。

ヨーロッパらへんでまず加速させて(=゚ω゚)

 

企業自体も、

分散化されたプラットフォームを使ってない会社は信用できない。

みたいな感じに盛り上がっていけば、いいんですけど。

 

それがすべてエニグマに落ち着くとは思っていませんが、

イーサリアム強いし笑

ある意味競合他社。

 

だから、この4つをまとめると、

 

「今までデータを搾取して儲けていたジャイアントな企業たちから、利権を奪う可能性があり、そこにはものすごく大きな価値がある」

 

 

ってことです。

 

すごいことです。

 

手放してくれるのかしら。

手放さないだろうなぁとも思うし、結局膨れ上がって無視できなくなるんだろうなって、世界がヒックリ返るんだろうなって期待してます。

 

 

ふう。(=゚ω゚)

 

まだ、公式情報あるよ。

どんだけたくさんあるんだよまったく笑

 

ということで、

今回はここで終わります。

 

また!

ありがとうございました!

 

 この記事の続きです。04です。

公式サイトいじりは下の04で完結です笑

仮想通貨エニグマ/Enigma/ENGとはなんぞや04_公式サイトを見てみよう「Our first application: Catalyst.」完結 - トークンセール

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます