トークンセール

好きな仮想通貨の情報を楽しい感じでまとめてます。ZaifとCOMSAと、海外の仮想通貨と未来の動線が好きです。

これからの仮想通貨_そもそも仮想通貨である必要があるのか

COMSAとトークセール

ビットコインとトークンセールの関係性や、仮想通貨始め買始めに買うときに



仮想通貨って名前の問題もありますが、

いろんな種類の仮想通貨が、1つにまとめられていながら、

 

その機能といいますか、

 

実際の志、方向性、

 

やれることなど、

 

めっちゃたくさんあります。

 

 

現在の延長線上のサービスなのか。

今なかなか想像がむずかしい、もしかしたら実際誰も想像できていない、今とはまったく違う新しい価値を生み出すものなのか。

 

どっちのアプローチも必要だとおもうのですよね。ビットコインみたいな、新しい価値の動線も、ユーティリティトークン(今日この名前知った)みたいに、

ポジション的には、わりと今のイメージをよりよく、テクノロジーに落とし込んだトークン。

 

これもまた全てがすべてではないのですが。

 

イーサリアムもユーティリティトークンって呼ばれたりするんですよね。

 

イーサリアムってものが、

分散型で管理主体がいなくても稼働するプログラミングのプラットフォームだとして、そのプログラム実行処理を行うためのガス(燃料w)なのです。

なので、なんてゆーんですかね、サービスを利用するための価値があるトークン。

 

って言い方であってるかな。

だからユーティリティトークン。

 

イーサリアムは、イーサリアムトークンetherがないとサービスを利用することが出来ません。

んで、ベースとして暗号通貨。として作られたわけではなく、ビットコインは暗号通貨としてつくられていますけれども。

 

そこらへんからも、ユーティリティトークンと呼ばれているんじゃないですかね。

 

ただ。今までの実績であったり、

普及してる度合いでいうと、通貨として専門的な設計はされていないけれども、(発行枚数の上限は決まってない)

 

ビットコインの次に普及していて、

ほとんど基軸通貨みたくなっているのも事実。

 

ただ、貨幣として価値を保存できるかはまた別。たしかに発行枚数に上限がないというのは、価値の保存に向かないし、今の法定通貨と同じくwww

 

ただ、現在はマイニングされてるんですよね。

たしか、イーサリアムの場合マイニングって言わないんだっけな(=゚ω゚)

 

名前が違った気もするけど、同じか。

まーいいや。

イーサリアムを稼働するために、イーサが必要な状態は、それはそのままビットコインのセキュリティといいますか、分散型の管理主体を置かないトラストレスな状態での価値の保存を保とうとするのであれば、

ビットコインが必要であると考えると、

 

まあ同じ流れなのかなぁともとれます。

 

そしてこの2つは仮想通貨、暗号通貨でなければ成り立たないシステムです。

 

ブロックチェーンはのこるけど、仮想通貨は残らない。みたいなこと言うテレビコメンテーターおりますけれども。

 

そこって切っても切り離せないんですよね、

本来の意味といいますか、スタートの仮想通貨の話では。

 

だって、ブロックチェーンで新たに作り上げる自立稼働型システムを勝手に人間たちが動かすの手伝う(頼まれるとかでなく、命令されるとかでなく、主体的に誰かが誰かのマイニング状態)状態を作り出すためには、

 

報酬が必要なのです。

 

その報酬を生み出すのが仮想通貨であり、

その報酬を生み出すのに、みんなに認証された労力があり、しかもデータ的には改ざんほぼ不可能で、発行枚数、送料が決まっているデータ。

 

技術的には使い古された技術らしく、

でも1つ現れるまで、誰も思いつかないそんなもんだよーねな、ビットコイン。

 

ハヤ九年らしく。

 

これらが、仮想通貨であり、

これからこの仮想通貨は、人間見たく信用ならないシステムではなくw

勝手に稼働するシステムを生み出すためには常に必要になってくるトークン、設計になっていくのです。

 

そして、仮想通貨を組み込んだ仕組みは、

たくさん出来上がってきています。

 

そして、それらの仮想通貨が絡んだプロジェクトは、本当に仮想通貨である必要があるのでしょうか。

 

そこが問題なわけです。

 

自立分散型の勝手に稼働してくれるシステムの場合、そこに仮想通貨が稼働させる欲求をみたす、人間の欲求を満たすために必要なトークンモデルとして組み込まれています。

そしてそれは!既存のしシステムのアップグレードではなく、全く新しい、価値の動線を描いています。

 

そこには、確実に仮想通貨の力は必要でしょう。

 

では、そーではなく、

既存のシステムの延長線上のトークン。

 

今現在あるようなサービスを、トークンを利用して循環させようとしている場合、

 

そこには

必ずトークンが必要か。

ってなると、そうでもない場合もあったりするのではないでしょうか。

 

 

へんな話、円やドルや、ユーロではダメな理由はあるのでしょうか。って部分です。

 

とくに、ユーティリティトークン。

の、中でも企業が運営しているトークンです。

 

中央集権的なトークン。

それはもう別にトークンじゃなくてもええやんみたいな感じのトークン。

 

ふつうに企業が利益を上げるビジネスモデルとして課金方法の一つとしてトークンを用いて、トークンを利用すると割引を受けれたり、限りなく現在の世界のポイントカードとか会員カードに近い使い道のアップデートな感じの世界観。

 

それは、本当にトークンが必要ですか??

 

だって、もともと発行は勝手に企業がやっていて、しかも自由に取引ができて、価値がつくのでしょうか??ってことですよね。

 

トークンは、へんな話、中央集権の場合、労力がなくとも、上限があるにしろ、まずはじめに好きなだけ発行できます。

 

なので、スタートの時点で価値はありません。もちろんビットコインも始まった時は今の価値の10000分の1以上に価値が低かったですが、そこから、勝手に稼働し続けて9年、いつしか価値を信用を生み出し、うん十万という、法定通貨の価値がありまっする。

 

それが、中央集権の企業トークンに可能なのか否か。

 

まあぶっちゃけ、トークンモデル次第であり、

さらに行ってしまえば、それは利益を上げることができるか、ただただ、

 

ビジネスとして成功するかどうか。にかかってます。

 

 

利益を上げることができれば、

それは、そのトークンは価値を生み出す可能性が非常に高まります。

 

トークンの価値の裏付けは、

そのコミュニティ、経済圏にどれだけの価値が流れ込んでくるか。

 

企業トークンの価値は、

そのエコシステムの中に、どれだけ他の法定通貨などから価値が流れ込んでくるか。

 

そこにかかっています。

それがある意味価値の裏付けです。

 

これだけのお金が流れ込んできて、これだけのお金が回っている。

まあ、既存の銀行を信用するのと仕組みは変わりませんが、そこでトークンを回すことができれば、価値は生まれると思っています。

 

だから、タイトルにある言葉に戻れば、

そもそもトークンの意味あるの?

 

って言葉の答えは、

トークンである必要を考えるより、

利益を上げることができるか。

 

で、考えた方がいいということです。

トークン使ってるかどうかではなく、

利益を上げることができるかどうか。

 

それが、サービスを売りにしているプロジェクトの見方です。

なので、できる限り利益を生み出す仕組み、アプリ、サービスなどを作り出しているトークンにお金を使いましょう。

 

そうでないのは、

 

自立型のまったく既存のシステムから離れた新しいものに投資しましょう。

 

その二択、どちらか。

プラス、宝くじ枠www

 

 

これからの仮想通貨。

僕の予想では、呼び方がもう少し細分化されると思ってます。

 

ネーミングって大事ですものね。

 

暗号通貨とかではなく。

当たらないかなー笑

 

 

そんな楽しみを抱きしめながら。

ありがとうございました!

 

 

今はzaifを主に使って使っています。応援してます。次世代プラットフォーム_COMSA_そしてイーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。そして新たな価値トークンとは。クリプトピアとバンクエラが好きです。