トークンセール

クリプトセキュリティブログ。&バンクエラとは。マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第4回_取引所と販売所の手数料など

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

f:id:memento377:20180213001536j:plain

取引所どこつかってます?(=゚ω゚)

Zaif、ビットフライヤー、コインチェック、Bitbank……。

 

連載一回目から

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第1回_仮想通貨の現状 - トークンセール

 

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第2回_Bitcoin価格の現状 - トークンセール

 

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第3回_まずは情報を集めよう - トークンセール

 

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第4回_取引所と販売所の手数料など - トークンセール

 

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第5回_セキュリティ的に取引所へ登録するときの注意 - トークンセール

 

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第6回_価格のなんとなくのサイクルを知ろう - トークンセール

 

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第7回_仮想通貨とトークンとか、そんな違い - トークンセール

 

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第7回_仮想通貨とトークンとか、そんな違い_02 - トークンセール

 

 

仮想通貨を取引するときは、なるべくパソコンを使おう

 

取引所、どこつかってますか??

 

コインチェックってすごい人気だったのですが、

 

とにかく買うのが簡単だったらしいです。

僕は、わーコインの種類たくさんあるー。って登録したのですが、

使ったことあるのですが、

 

たしかに、すぐに買えます。

めっちゃ簡単です。

 

それは、ビットフライヤーも同じ。

 

すぐに買えます。

 

でも、買うたびに、トータルの金額が減っていくのですよ。

ビットコインの価格変動ももちろんあるのですが、

 

なんか、めっちゃ減っていくわけで。

なんでだろーなーって気づくまでかなりかかり笑

 

そこでけっこー損をしました。

 

取引所には、

 

「手数料」と「スプレッド」がある

 

ってことです。

 

実は、このスプレッドって方がかなり厄介で、

コインチェックが500億円くらい自分で返すぜ。

 

って言えた源みたいなものです笑

 

オススメ取引所はZaifです。

仮想通貨の購入方法/Zaif登録方法 - トークンセール

 

手数料

手数料は手数料です笑

 

取引をしたら取られるお金です。

f:id:memento377:20180213002633p:plain

 

こんなやつ。

ちなみにZaifです。

 

Zaifに関しては、現物取引。

 

ビットコイン/日本円

 

という交換の場合、

手数料がマイナスです。

 

とかあるのですが、一回詳細飛ばして、

 

こんな感じで、手数料ってやつはそんなに高くないんです。

 

zaif.jp

 

ビットフライヤーの方が若干高く感じますが、

(ライトニング現物が手数料かかると思ってなかったから)

載せときます

bitflyer.jp

 

ただ、どっちにしろ0.1パーセントとかです。

でもまあ100万円だったら1000円かかるし。

 

嬉しくはないですが、

そこまで大きいな。

 

って感じることも無いと思います。

 

手数料はこれくらいで。

 

知らないと損することはたくさんあります。

仮想通貨についてまずは知っておきたいこと_始め方とか - トークンセール

 

スプレッドが高い

 仮想通貨取引には、

 

大きくわけて、二種類あります。

 

1つは、

「仮想通貨を取引する」パターン

 

 と、

 

もう1つは、

 

 「仮想通貨を買う」パターン

 

 

が、あります。

 

そして、この下の買うパターンがべらぼーに高いです笑

 

そのからくりがスプレッドです。

 

スプレッドとは、

「取引所が仮想通貨の価格に上乗せしてる部分です」

 

たとえばビットコイン100万円で、

103万円で売ってたら3万円上乗せしてますよね。

 

この、そのまんま取引所の利益になりそうなw

数字がスプレッドです。

 

FX取引では当たり前に存在しますし、

それは

 

仮想通貨の販売でも存在します。

 

いくらくらいか見てみよう

たしか、スプレッドの正しい数値は公表されてなかった気がするのですが笑

 

なので、目分量でどんなものか、見ていきます。

 

Zaifの場合。

 

f:id:memento377:20180213004049p:plain

 

まあこんなトップページですが、

 

手数料推してますね。

 

上の方の、

f:id:memento377:20180213004157p:plain

 

「簡単売買」 = ビットコインが買える所

 

「取引」 = 仮想通貨を日本円などと交換できる所

 

この2つです。

簡単売買の方は、

 

ビットコイン手に入れるの簡単ですが、

 

スプレッドが発生しています。

簡単だからこそ。

です。

 

簡単な方で買いたいじゃないですか笑

 

完璧に同じタイミングの価格はわからないのですが、

ブラウザぽちぽち切り替えてみた結果、

 

簡単売買のビットコインの価格は

95.6万円。

 

f:id:memento377:20180213004712p:plain

 

取引所で取引されていた中間の価格は

93.7万円

 

f:id:memento377:20180213004726p:plain

 

ってことです。

なんとなく、2パーセントくらい上乗せされてますかね(=゚ω゚)

取引所の中間値より。

 

だってビットコインの簡単売買の価格並んでるのみてるだけで、

なんかすごい取られてる感ありますよね、

 

売るときは91.7万円なのに、

買うときは95.6万円(=゚ω゚)

 

4万円の差ww

 

こりゃ簡単取引で儲けるのは難しい。

 

けど、利点はあります。

 

まとめ買いができるところ。

とはいえ、

50万円までなんですけど。

 

これで1000万とか1億とかだったら、

多少スプレッドあっても、

 

まとめて買える利点はあるんじゃないですかね。

 

ビットフライヤーの場合

f:id:memento377:20180213005335p:plain

こんな欄があります。

もう文字のまんまですね。

 

販売所と取引所。

 

多少タイミングずれてますすんません。

 

販売所、

f:id:memento377:20180213005551p:plain

取引所。

f:id:memento377:20180213005610p:plain

 

96万円で販売されてて、

94万円で取引されてます。

 

やっぱりなんとなく2万くらいの差。

 

この差がスプレッドです。

 

 仮想通貨を持ったら、自分のウォレットを持ちましょう

 

取引所で仮想通貨を手に入れよう

コインチェックの場合、スマホだと、

販売所しか使えません。

 

これけっこーすごいです。

 

ビットフライヤーと、Zaifは販売所も取引所も使えます。

 

短期でトレードしたい人はもちろん、

取引所で交換するべきですし、

 

長期で保有するひとも、

取引所でだれかと交換したほうがいいに決まっています。

 

そのほうが、下手に資産奪われないから。

 

けっこー簡単取引所

Zaifの取引所の画面です。

 

f:id:memento377:20180213010734p:plain

こんなふうに取引されてて、

 

今、中間値が942300円くらいですよね。

赤文字と緑文字の間。

 

じゃー、941000円くらいでビットコインかいたいな。と。

 

f:id:memento377:20180213011008p:plain

ここの右側をクローズアップ(=゚ω゚)!!

 

f:id:memento377:20180213010919p:plain

 

そしたら1番上の空欄に「941000」

と入力。

次に買いたい量。

 

BTCの数で入力するのですが、

「1」だったら941000円必要だし、

0.5BTCでもいいし。

 

もっと少なくてもいいし。

 

「リミット売り」は、買った時点で売る値段も先に決めちゃうやつ。

 

ここまでくると、けっこー中級者だと思うので、

941000円で買って、960000円で売りたいと最初から決めてたりしたら使えばいいし、基本使わなくてええと思います。

 

それで買い注文。

 

そして、そうすると、

 

「売買注文」って書いてある写真の部分に、自分が指定した価格の数字が並んで、

その価格で欲しい、と言ってくれる人が現れたら、

そこで、

 

取引が成立し、

無事ビットコインが買えます。

 

タイミング悪く、

941000円で欲しいと思ってたのに、

そこから急上昇しちゃって、100万とかになっちゃうとビットコインが

 

941000円まで下がってくるまで買えません。

もちろんキャンセルもできて、改めて、

指値いれればいいのですが。

(価格設定して注文入れること)

 

別に難しいことないです。

簡単です。

 

なので、なるべく損しないように、

値を自分でつけて交換できる、

 

取引所で仮想通貨を取引しましょう。

 

取引所の選び方

ビットコインはどこでもいっしょなので笑

だからビットコインはすごいんですけど。

 

あとは、自分が取引した仮想通貨で選ぶ。

その通貨が取引所で扱われているのか、

それとも販売所だけなのか。

 

例えば、イーサリアム/日本円だと

ビットフライヤーは販売所しかないし、

Zaifだと取引所があります。

でもイーサリアム/BTCだとビットフライヤーもある。

 

とか。

 

ビットバンクだとリップル指値できるとか。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

とりあえず、始まったばっかりは、

安定のビットコインとイーサリアムだと思うので笑

 

両方共日本円で指値できるZaifはオススメです。

自分が1番使っている取引所なので。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

もう、ビットコイン一択だ。

って人と、LISKって仮想通貨応援したい人は、

ビットフライヤーだし。

 

いろいろ、

選んで、そして損しないように。

 

損しないポイント

 

なるべく取引所で仮想通貨を手に入れよう。

 

ありがとうございます。

 

 

次の連載記事/第5回

なんとなく買った仮想通貨であんまり損しない為の記事/第5回_セキュリティ的に取引所へ登録するときの注意 - トークンセール

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます