トークンセール

いつはじめても損しない為の仮想通貨ブログ。&バンクエラとは。仮想通貨の始め方&マイイーサウォレットの使い方記事をたくさん書いてます。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

いつか仮想通貨をコンビニで使いたい01_まずはプリペイドカード

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20181127232622j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

comsa.hatenadiary.jp

f:id:memento377:20171202163536j:plain

 

まくら

仮想通貨を使ってコンビニで払いたい。

 

今、Bitcoinなどで払ってる風デビットカードとかプリペイドカードとかはあります。

わりとそこらへんで、

まんぞくな部分、ありますけどね笑

 

 

 

 

今、軸の通貨がビットコインで、

ほんと10分とかで何パーセントの価値の変動があって、

かといって、価値がゼロになるわけでもなく、

グワングワン動く仮想通貨が真ん中にいます。

 

Bitcoinが真ん中で価値の基準であり続ける時代がいつまで続くかわかりませんが、

たぶん、日常で使えるようになるのは、

案外Bitcoinじゃないかもしれない。

 

XEMだったりリップルだったりするかもしれない。

 

アプローチは違うけど。

最近の規制ですごく思ったのは、

 

結局仮想通貨だろうが、

価値の動線の入り口と出口を、巨人におさえられたら、

それは法定通貨とそれほど変わらない。

 

もちろん手数料は安くなるだろうし、

利便性はあがるんだろうけど。

 

お金を入金する部分と出金する部分に、

銀行みたいな巨大な権力がじゃあここ通してね。

 

って感じでいつづけると、

それは今まで通りの通貨だと思う。

 

ただ、そこに個人と個人の動線がしっかり残っていて、

しかも価値の流動性をあげる、技術が組み込まれていたら、

(今までまじわることがなかった、二つの価値を交換できるとか。

「私の歌一曲」と「移動手段」とか)

 

お金だけが、価値を生み出すベースみたいな感じになっているように見える今、

お金以外に価値のベースになるものがあってもいいんじゃないかと。

ベースがいくつかに別れてもいいんじゃないかなぁと。

 

今はお金一強だから。

選択肢が増えていくといいなぁって思います。

 

んで、コンビニで使いたい

今のところ、

LINE PAYとかのほうがいいです笑

仮想通貨じゃないですが、

現金をプリペイドカードに入金してコンビニで使ったり、

もちろん後払い系のカードでさくっと払ったり。

スマホでピポーン。だったり。

 

そうじゃなくて、

仮想通貨経由がいい。

 

ってどんな場合なのかしら。

って考えると、

 

「仮想通貨取引所」に仮想通貨を預けてるパターンだと思います。

 

仮想通貨取引所に多額の仮想通貨を預けておくのは、

おすすめできません。っていう話がたくさんありますが、

うん、実際そうだとは思いますがが笑

 

普段ある程度の仮想通貨を取引所に入れておいて、

仮想通貨トレードしたり、

そこからプロペイドカードに入れて使ったり。

 

ってわりと現実的な流れなんじゃないかと思います。

家族とかにお金の流れ見られたくない人とかいますよね笑

 

クレジットカードとかだとばれるしw

コンビニでうまく入金して

プリペイドだったり、

まあデビットでもこっそり仮想通貨やってて、

 

そこからうまく流したい人、

以外といるんじゃないですかね?笑

 

そんなことないか(=゚ω゚)

 

まあ、身近な話でも、大きな話でも、

動線は多いほうがいいですよね笑

 

あとは、かなりの割合を仮想通貨に突っ込んでる人

 

ここだと本気で日本円にかえて

現金にしてっていうのが面倒臭い。

 

仮想通貨も基本、取引手数料はそこまで高くないですが、

出金アンド入金らへんは、どこも割高な印象といいますか、

まーどこもそんなもんですけど、

銀行料金ですよね。

(500円くらい)

 

こーゆーお金をなくせるかもしれない。ってのが、

仮想通貨だけど、それを日本円にして出そうとするとたん銀行の手数料がかかる、

矛盾とまではいいませんが、なんか変なショック感(=゚ω゚)

 

そこで登場プリペイドカード。

 

結構使われいる印象です。

仮想通貨取引所とリンクされてるカード。

 

言葉で一回整理すると、

 

「ウォレット」って存在

があります。身近な部分です。

 

1。仮想通貨取引所ウォレット

これらが、いろんなパターンあって、

まず仮想通貨取引所のウォレット。

多分意識しないでつかってる残高の部分。

ウォレット勝手にもらえるし、無意識系ウォレット。

 

 

その次。

2。デビットカードありきウォレット。

cryptocurrencymagazine.com

Bitcoinなどが入金できるデビットカードだぜうちは。

っていう取引所なんてオープンな場所はないけど、

決済の時に自動で、

Bitcoinを日本円やら海外の通貨やらに勝手に交換してくれる。

 

そして、これらの海外発のやつは、

なんかマネロンの関係なのか、登録が厳格化されて(VISAは欧州の人だけでつかえます)

日本では、海外からきてたやつはほとんど使えないなりました。

 

3。似たような感じのプリペイドカード

デビットカードは使ったときに銀行から引き落とし。

プリペイドカードは使う前にカードに入金。

似てるけど、まあ違います。

 

このプリペイドカードに入金するパターンは、

日本で使えます。

ビットフライヤー、コインチェック、Zaif。

どこも、プリペイドカードとは提携しています。

 

なので、取引所のウォレットから直でビットコインをプリペイドカードい入れた風で使えます。

ただ、入れた風です。

基本的に決済したり、チャージした時点でBitcoinではありません。

こっそり法定通貨になっております。

 

0.01BTC(すげー0.01で1万円だ笑)入金します。

 

って手続きしても

 

プリペイドカードに入金される前に、

取引所で日本円に換金されて、

入金されます。

勝手に交換してくれてるんです。

だから、Bitcoin入金した風。

 

そして今、コンビニで使った風を出せる方法です笑

 

まあただ明確に2と3は別れてないです。

プリペイドデビットカードとかたしかあります笑

海外はプリペイドカードのことデビットカードっていうんじゃねーかっていうくらい中身はプリペイドで、デジタルなところでBitcoinで入金だけど、

アナログのカードにプリペイドするタイミングで大体法定通貨になります。

まあイメージの問題ですが(=゚ω゚)

 

4。いわゆるBitcoinウォレット

こちらは、本当にBitcoin決済です。

Bitcoinがウォレットに入っていて、

相手に届く。といいますか、相手にわたる価値も、

Bitcoinです。

 

なので、一時期話題になりました、

ビックカメラとかユニクロとか、一部の店舗でしか使えません。

ここが本当に普及してくるといいのですが、

今の所こんな感じです。

 

今日のタイトルでいくと、「3」推し

なので、

取引所のウォレットに入れてある

仮想通貨(ここではBitcoinです)をコンビニで使うには

プリペイドカードなのです(=゚ω゚)!!

(使った風)

 

もちろん本来であれば、「4」であるべきですが、

2017年、2018年もかなぁ、

 

プリペイドカードが主流になると思います。

 

なので得する人といいますか、

使うべき人は、

 

取引所で仮想通貨たくさん保管してて、

そこからコンビニ代とかちょっとした支出をしたい、

家族にばれたくない笑

 

Crypto currency = 暗号通貨 = 家族にたいする匿名通貨 = へそくり 笑

 

 

プリペイドカード

探せばたくさんあるんでしょうけど、

ビットフライヤーとコインチェックは

「バンドルカード」という、

 

簡単にVISAプリペイドカードが作れるっていう会社と提携して

アカウントリンクさせて使えます。

 

(簡単にプリペイドカードを発行できると(VISA!!)ネットショッピングや、フリマアプリで重宝するらしいです。とくに若者)

 

vandle.jp

非常にこれだけで、素晴らしいサービスだなと思うのですが、

ここにビットフライヤーとコインチェックのウォレットをリンクさせて

日本円を入金できるシステムです。

 

bitflyer.jp

prepaidcard.coincheck.com

 

こんな感じのやつ。

 

Zaifは、マネパカードって

 

こちらもプリペイドカードなのですが、

あります。

 

マネパカード連携 - Zaif

 

corp.zaif.jp

 

どれも結局そんな変わらないですが、

マネパカードのほうは、

手続きが少し多そうな印象です。

本人確認とか。

こっちは6つの通貨に交換できて海外でも使える機能重視なので、

しょうがないですが。

マネーパートナーズ。大人がつかうちゃんとしたカードって印象で、

バンドルは若い人でも登録してクレジットカード的な感じでネットでお金使えるようになる気楽なカード。って印象です、

 

あ、マネパはマスターです。

バンドルはVISA。

 

なので、個人的なお金のルートを持ちたい方は笑

へそくり(=゚ω゚)

 

おすすめです。

でも本当はXEMとかBitcoinとかBCHとかもっと自由に使えればいいんですけどね。

 

そーゆー方向に活動していきたいです笑

少しは貢献してやる(=゚ω゚)笑

ほそぼそと笑

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます