トークンセール

バンクエラとは。トークンエコノミー時代のお金の増やし方。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

毎週、仮想通貨イーサリアムが貰えるBNKトークンとは/バンクエラ

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

f:id:memento377:20171114224044p:plain

11月27日より、

トークセールが始まる

 

バンクエラ/Bankera

 

バンクエラの前の記事

スペクトロコインSpectro coinとは/BNKトークンが唯一購入できるビットコイン両替所 - トークンセール

 

バンクエラ連載のまとめ記事

バンクエラのニュース連載まとめ/ICOから上場まで2017〜2018 - トークンセール

 

事業内容関係記事一覧

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容/Bitcoin&ブロックチェーンのこれから01 - トークンセール

 

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容02/コンセプト - トークンセール

 

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容03/バンクエラのベースの送金や決済や - トークンセール

 

銀行機能をもつバンクエラ/BANKERAの事業内容04/収益の部分とBNKトークンの予定 - トークンセール

 

 

 

「ブロックチェーン時代のための銀行」を目指しています。

 

 

 

そして、このプロダクトの良いところは、

すでにサービスが稼働しているところです。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

「スペクトロコイン」

という、

バンクエラプロジェクトの一部の機能が、

バンクエラが稼働する前からすでにサービスとして機能し、

 

利益をもたらせています。

スペクトロコインのサイトを見る

 

スペクトロコイン = ビットコインを購入したり、保管したり、

EU内ではビットコインプリペイド/デビットカードとしてすでに活躍中。

そしてその利益が、

毎週レベニューシェア(利益分配)されまして、

 

仮想通貨イーサリアム(ETH)がもらえます。

 

イーサリアム = 

Bitcoinの次に時価総額が高く、日本の大手取引所(Zaif,ビットフライヤー,コインチェック)など日本中、世界中で流通している仮想通貨です。

そして、プロジェクトとしても、

これからの時代、新しいブロックチェーンのネットワークが徐々に出来上がる中、そのネットワークのベースになるのではないかと思っています。

 

このように、トークンは、

何か新しい事業を始めるにあたって、非中央集権化された仕様の中で、

新たな価値の動線を作るために発行されます。

 

 

少し脱線しますが、

今までは価値ってトータルである程度量が決まってて、

エネルギーの法則っぽく、それがどういう形で、どこに流れるか。

みたいなのがあった気がするのですが、

今、価値が膨れ上がっていて、実態のない価値(もともと価値に姿形はありませんが)が膨張していて。

その価値の大元が「信用」であったり、「仮想」であるとするなら、

その価値がエネルギー変換を起こして、

仮想通貨という形に収まって新たな価値の動線が出来上がっても、

なんら不思議ではないし、

 

事実、世界には価値(お金)がどこかにあまってます。

まあ大事なのは、どこか。って部分なのですが。

 

公表された利益分配の計算式

 

comsa.hatenadiary.jp

 

始まった当初は、

数字が少しあやふやで、

でもまー毎週イーサリアムが、

スペクトロコインウォレットに入ってくるしいいかみたいな感じだったのですが、

 

透明性として、問い合わせが多かったらしく笑

 

公表されました。

 

バンクエラは、

日本語に対してとても丁寧に対応しており、

コミュニティもしっかりしています。

日本語チャットから、

情報を得ることをオススメします。

 

バンクエラ日本語チャット

Bankera | Banking for the Blockchain Era

 

純利益の20パーセントを毎週分配

 

comsa.hatenadiary.jp

 

Bankera | Banking for the Blockhain Era

こちら公式サイトに、

収益をあげるモデルイメージ、

これからの事業予定、

トークンセールの内容、

(トークンの価格など)

利益分配の話。

 

公式のブログです。

支払われた金額の話が載っています。

https://blog.bankera.com/ja/2017/11/15/11週目のレベニューシェアが支払われました/

 

そしてホワイトペーパーもこのページからたどりつきます、

言語は、右上らへんで、

日本語に切り替えられます。

 

ICO/1BNKの価格

現状で、1BNKトークンの価格はなんの指標にもなりませんし、

そんなに大事ではないのですが、目安として載せておきます。

f:id:memento377:20171107224343p:plain

 

最初は、0.017ユーロから始まります。

f:id:memento377:20171118143914p:plain

11月18日のレートです。

 

最終的には0.024ユーロなので、

f:id:memento377:20171118144042p:plain

約1円くらいかわるから……(=゚ω゚)笑

40パーセントほど価格が変わりますね。

 

ビットコインなら1BTC90万円から126万円になりかんじです笑

 

1円2円でみると大差なさそうですが、

こうみると大きいです。

 

いくらからでも購入できます

そしてここが素晴らしいなぁと思うのが、

購入金額の下限がないんですよね。

 

1000万以上とか笑

1ETHからとか。

(1ETH、3〜4万くらいなのでこっちなら……笑)

 

こういう購入方法ではありません。

 

そしてここで登場します。

 

 

スペクトロコイン

 

「なんだ自前のプラットフォームでやっちゃえばいいじゃん」

 

ってことで、

自分のつくったビットコインウォレットであり、

仮想通貨両替所でもある

 

「スペクトロコイン」

 

で購入することが、できます。

なので、

 

スペクトロコインに入金した分だけ、

BNKトークンが購入できます。

仮に10BTCスペクトロコインに送金したとしても、

別に全額BNKトークンに替える必要はありません。

 

そのままBTCの保管場所としても機能します。

便利です。

 

ついでに「金(Gold)」にも交換できる

スペクトロコイン。

親分のバンクエラの魂を引き継いでますね。

 

最後に今後のバンクエラ

すでに稼働して利益を上げている、

 

「バンクエラ」の最小稼働サービス

 

「スペクトロコイン」。

 

しかし、今後「バンクエラ」自体が、

さらに大きな規模として、

銀行として動き始めます。

 

取り扱う金額も大きくなっていくと思います。

非常に楽しみであり、

利益の分配も楽しみです。

 

BNKトークンを応援しています。

 

BNKトークン購入の流れ

1、日本の仮想通貨取引所で、ビットコインを買う。

(イーサリアムや他の仮想通貨も可能ですが、僕は試してないのでここでは自分でも送ったビットコインということで)

 

2、ビットコインを保管しておける「スペクトロコイン」に登録

(そもそも保管場所でもあるので、送ったビットコインを全部BNKトークンに替える必要はなく、ウォレットとしても利用可能)

 

3、日本の仮想通貨取引所から、スペクトロコインにビットコインを送金

 

4、スペクトロコインでビットコインをBNKトークンに交換 

 

これで、スペクトロコイン内でBNKトークンをもっていると、

毎週イーサリアムがもらえます。

 

毎週火曜日とかにはいってくるので楽しみです。

 

ビットコインウォレット「スペクトロコイン」を見てみる

 

上記の流れを記事にしていますので、

よかったらみてください。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

そして登録したら入金です。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

スペクトコインへの入金、

日本の仮想通貨取引所はZaifをオススメしています。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

comsa.hatenadiary.jp

 

次のバンクエラの記事

Bankera/バンクエラ12週目のレベニューシェア&NEM扱い開始スペクトロコイン - トークンセール

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます