トークンセール

バンクエラとは。トークンエコノミー時代のお金の増やし方。

マイイーサウォレットの使い方や仮想通貨の楽しみ方を追求したい

バンクエラBANKERA/スペクトロコイン_仮想通貨の事業計画の魅力_2017.10BNKトークンICOまえにインタビュー公開

まずこのサイトにきたらこの記事をお読みください

f:id:memento377:20180708153217j:plain

MyEtherWalletの使い方やハードウェアウォレットとか送金とかチャートとかログインとか実際にやったことを書きたいです

11月27日からトークンセールが始まる

 

バンクエラ」のトークンセール。

 

 前回のバンクエラの記事

トークンセールは11月27日。バンクエラ/BANKERAのICOが始まる準備のサイト - トークンセール

 

バンクエラの連載まとめ

バンクエラのニュース連載まとめ/ICOから上場まで2017〜2018 - トークンセール

 

 

 

 

楽しみな大型ICO(トークンセール)がやってまいりました。

プレICOでは25億BNKトークン(アバウト1BNKトークン1.5円くらい)

 

さばきましたバンクエラ。

期待はでかいし、知名度もそこそこです。

 

 

あ、アマゾン……。まあ噂ですけど笑

 

 

 

新たなインタビュー公開

 

「バンクエラ」の日本語コミュニティーをしていた人のインタビューだそうです。

 

インタビューの内容を簡単に文字おこしします。

 

司会の美人「日本のコミュニティーからの一般的な質問はなんですか??」

 

ドリューバリモア似の美人「日本人はホワイトペーパーを読んで建設的な質問をしてきます。ほとんどの質問は長期的な質問です」

 

( ゚д゚)めっちゃ先をみている日本人……

 

ドリュー(仮)「将来計画している、チャットボットや銀行関連サービスが日本で実際に使えるようになるのか」

 

司会「ブロックチェーンやデジタルバンキングの利点を今までのものとくらべどのように感じますか」

 

ドリュー「デジタルバンキングは個人にとってとても有益なものだと思います国が厳しく、不当な規制を受けている人々にとっては。そして大きな銀行にくらべて新技術にたいしても柔軟です。

従来の銀行は長年にわたって蓄積した大規模な資金をもっています。

そのような銀行は新しいシステムを取り入れようとしても、多額なお金と多くの時間がかかります。そこに最高の技術者がいてもです。

 

だから私はバンクエラに対して共感できます。彼らは当初から非常に柔軟なインフラを構築し、新しい技術を開発し適応することができます」

 

( ゚д゚)バンクエラのブロックチェーン時代の銀行のイメージをまんま話してる。

しかもわかりやすいです、すてきです。

 

司会「バンクエラの日本のコミュニティーマネージャーとして」

日本の話きた!!笑

 

「日本の顧客は、ブロックチェーン/デジタルバンクにたいして、どのように考えていると感じていますか」

 

ドリュー「デジタルバンクは新しいコンセプトになりえますが、すでにデジタルマネーは存在しています。SuicaやPASMOと呼ばれるプリペイドICカードを持っています」

 

スイカとパスモの説明だ!!( ゚д゚)!

 

ドリュー「どこでもつかえるんだぜ(めっちゃはしょってます笑)」

 

ドリュー「だから、人々はバンクエラがより多くのサービスを導入して日々の決済を容易にすることを期待しています」

 

( ゚д゚)バンクエラ、スイカ化計画 笑

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

ドリュー「一つの決済、一つのサービスだけではなく、多くの銀行サービスを取り込んで、バンクエラがその分野のパイオニアになることを期待しています」

 

司会「それが聞けて嬉しいです」

僕も嬉しいです笑

 

司会「最後の質問です」

 

司会「日本人がバンクエラに投資した理由はなんですか」

 

ドリュー「彼らは、経営陣、アドバイザーチームに非常に信頼をおいています。特にNEMは日本で非常に人気があります。NEM財団代表を務めるロン・ウォン氏がアドバザーにいることが理由の一つとなっていることは確実です。また日本の顧客と直接やりとりできることも利点です。他の外国のICOとはことなり、日本語はフルサポートがあります。そのことが親しみを生んでいます」

 

(ユーチューブにのっている日本語訳をさらに平易な文章にしています)

 

日本語のサポートあると本当にありがたい。

ありがとうございます。

 

 

インタビュー以上。

バンクエラの方向性。プロジェクト自体の基本の話でした。

案外抜け落ちているというか、

結構大事な部分だと思います。

 

日本で「バンクエラ」が盛り上がっている理由

結局、日本の人々が「バンクエラ」プロジェクトにお金をだしているのは、

「信頼」だと。

 

それも経営陣やアドバイザーチームへの信頼。

そこにたいする信頼って大事ですよね。

 

ブロックチェーンていう、

まだよくわからない、

プラットフォームで、お金をインターネット上にのせるのはたしかに不安があります。

 

そこにたいする、だいしてもいいや、応援してもいいや。

って気持ちを生むのが、

「信頼」だと。

 

ええ話や。

あとやっぱり日本語なのがいいですよね。

ありがとうNEM財団ロン・ウォンさん( ゚д゚)!

 

(お礼言う人違うかもしれませんが笑)

 

f:id:memento377:20171024020834p:plain

ロン・ウォンさん。

バンクエラはNEMも関係あるんですよね。

comsa.hatenadiary.jp

 

BANKERAのフォロワーにテックビューロの朝山さんがいたり、

(テックビューロが進めているCOMSAのベースとなるmijinという技術はNEM開発チームが関係しています)

 

日本でも盛り上がるはずです。

 

バンクエラのICOに参加してBNKトークンを買うには

バンクエラの機能の一つ「スペクトロコイン」ってところでBNKトークンを買います。

  

comsa.hatenadiary.jp

  

comsa.hatenadiary.jp

 

次のバンクエラの記事

バンクエラ/BNKトークンの配当_ブロックチェーン時代の銀行からの利息さん - トークンセール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコインとイーサリアムの仕組み、価格、相場、チャートの情報を超える楽しいニュース。イーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。バンクエラはずっと応援してます