トークンセール

自分の価値影響力を上げよう。描け動線。描け未来。ICO(トークンセール)で自分のプラットフォームを生きよう_主にCOMSA

通貨としてではなく、技術の価値や実際の使われ方に動線がシフトしてきた_仮想通貨&トークンセールの未来

COMSAとトークセール

ビットコインとトークンセールの関係性や、仮想通貨始め買始めに買うときに

いろんなニュースがあって、

もちろん国際的なニュース、そして一人のブログの記事やらなんやらで、

ほんといろんな要素で動くなぁって感じます。

 

それは、非常にグローバルでありながら、やっぱり真逆なのですが、一般的じゃないんだろうなっていう。

まだまだ小さいけど、大きい、大きい力をもっている一部の人や、

一歩目が早い人たちが世界中で動いてるんだろうなって。

 

仮想通貨の世界は、

電車とスイカと利用者みたいな関係に、

近々なっていくんだろうなって思います。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

電車乗るのに、絶対必要なわけじゃない、スイカ。

でも、もーほとんどの人がもってるし、

切符が通せる改札も減っていて、

利用者はスイカで電車乗るのが前提だったりする。

 

仮想通貨(トークン)は

そーゆーポジションになってくるのではないでしょうか。

 

今、まさに2017年9月でいうと、正直FX的な使い方が主流だと思います。

もーかるとか、値動きが激しいし。

バブルだなんていわれたり。

 

で、もちろんお金の流動性のために作られた仮想通貨もあります。

まさにビットコインがそーですし。

 

でも、今は、ほかのトークンに目が行き始めています。

それは技術を築き上げているプロジェクトへのトークン購入。

まー応援ですよねベースは。

でも、人気がでれば勝手にトークンは値上がりしてしまうのですが。

 

ビットコインがそのままスイカ見たく流動性がめっちゃあがるかどうかはわかりませんが、まずお金の流動性が現実の生活の中でどんどん浸透してきます。

仮想通貨の。

 

 

それで、現金とならんで、

仮想通貨でやりとりできる世界が急速に簡単になってくると思われます。

 

その第一弾が「COMSA」です。

イメージでいうと、

 

「COMSA」に関していえば今現在、「COMSA」=トークンセール。

なわけですが、

 

「COMSA」プロジェクトのすごいところは、

トークンセール後です。

「COMSA」自身のトークンセールはもちろんですが、

すでにいくつか決まっている、他の企業のトークンセール。

 

そこで、新たに発行されたトークン(仮想通貨)の実際の使い道、拡張性のほうが「COMSA」に関しては重要であり、すごい部分だと思っています。

 

comsa.hatenadiary.jp

 だって、

新たに発行したトークンをつかって、非常に簡単に、

お金や情報のやりとりができるようになるからです。

「COSMA」がサポートするすべてのプロジェクトに関して。

 

「COMSA」ってプロジェクトで新規のトークンを発行してICOします。

発行されたトークンは、「Zaif」という仮想通貨取引所が関係してきたりします。

(そこで新規のトークンを取引できるようになるし)

そのトークンを利用してあらたな管理できる勘定の動線を作ったり(mijin)

 

イメージでいうと、

便利だからもってるお金のやりとりができる「スイカ」があって、

仮想通貨でのお金のやりとりが「スイカ」よりなお便利になったら、

それは簡単なほう、シンプルな方に流れるわけで、

そーゆー世界を仮想通貨と、それのシステムをつくるプロジェクトがやるわけです。

 

その大きな第一歩が「COMSA」です。

で、目玉として「トークンセール」があるわけです。

めっちゃすごいです。

 

最短10分でBITCOINを購入/Coincheck 

 

「スイカ」のカードもってないと、けっこー生活不便ですよね?

てか、もってなきゃ、スイカは使えないですよね?

あたりまえですけど。仮想通貨も同じです。

 

もってないと、不便な世界は必ずやってきます。

なぜなら、そのシステムを導入してしまえば、そのあとが会社として楽だから。

オールインワンで管理できるシステムをブロックチェーンの技術などを使えば一つの企業にまるっと導入できるわけです。しかも、そのまるっと導入した企業の仕組みと、ほかの会社のまるっと仕組みが互換性あるわけです。

 

「スイカカード」と「ツタヤカード」にピッ!っで互換性があるようなものです。

そっちのほうが、全然楽ですよね。

会社として。作る側が楽ってことは普及するってことです。

 

なので、スイカカードを駅で手に入れるがごとく、

仮想通貨を、一番簡単な取引所で手に入れましょう。

 

そして、今の所先端で活躍している「COMSA」にも目をつけておきましょう。

明日世界が変わるとは思いませんが、

アイフォーン7から持ち始めた人より、

アイフォーン3Gとかから持ち始めた人の方が、明らかにビジネスとして有利です。

 

いま多分そんな段階です。

もちましょう。仮想通貨。

今の所、一攫千金系はもー乗り遅れてると思います。

2017年9月でいえば。国内の取引所に一攫千金系の仮想通貨はありません。

まあ10倍くらいはあると思いますが。

100万で1000万みたいな感じ。現実的( ゚д゚)

 

とにかくビットコインを手に入れてみよう。 - トークンセール

 

海外の取引所なら、

まだ一攫千金系はあるかもしれません。

クレジットカードとかいらないし、ベースはアドレスとかだけあればできるので、

意外とハードル低い海外の取引所。

 

ただ、これからどんどん生活に普及してくると思います。

アメリカドルと連動している仮想通貨があるのですが、

多分近々日本円でもそんなやつがでてくると思います。

 

そーゆーところでベースが固まってくるのはもーほんと来年とか再来年とか、近いんじゃないですかね。

 

そのときのために、まずは仮想通貨を持ちましょう。

手に入れて、あ、こりゃ楽だ。ってところから実感しましょう。

 

登録はこちらからできます。

「COMSA」プロジェクトと大きく関係している「Zaif」仮想通貨取引所。

Zaif

 

取引所の枠をこえて、ここには必ず登録しておいたほうが、動きたいときに動きやすいです。

 

なぜなら、「よしやろう!」って登録してから、本人確認とか、

家に届く書留の郵送書類とかいろいろやってると、空いてる時で2週間くらいかかったりします。

 

2週間あったら、「よし!」って気持ちのモチベーション理由はすでに峠超えてると思います。

なので今のうちに始めましょう。

もー始まってます。

 

あとは 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェック。

こっちはアプリとしてすごい使いやすい印象です。

ウィジェットで全体のめ銘柄の金額(前日比)見れたり、

取引始めるまでも楽な印象はあります。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

成海璃子さん。僕の売りは成海璃子さんです笑

ビットフライヤーはすでにビックカメラで使えるところがあります。

ビットフライヤーのウォレット(アプリ)を使えばビットフライヤーで管理しているビットコインをそのままビックカメラで使えます。

めっちゃ便利。

今現在、実際店舗で使うって考えたら、

ビットフライヤーが一歩リードでしょうか。

 

こうやって実際に使えるところ、

お店とかはもちろん、アプリや、IoTのネットワーク内など、

どんどん進んでいきます。

 

まず、第一歩。登録。

そこから始めましょう。

 

仮想通貨は、FXではなく、新たな、ライフスタイルです。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

 

 

次世代プラットフォーム_COMSA_そしてイーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。そして新たな価値トークンとは