トークンセール

好きな仮想通貨の情報を楽しい感じでまとめてます。ZaifとCOMSAと、海外の仮想通貨と未来の動線が好きです。

ICOプラットフォーム:COMSAとは01/新たなトークンと経済圏を生み出すプラットフォーム

COMSAとトークセール

ビットコインとトークンセールの関係性や、仮想通貨始め買始めに買うときに



f:id:memento377:20180114145807p:plain

2018年以降、日本の仮想通貨市場におけるCOMSAの役割(=゚ω゚)

 

 

COMSAはとても大きなプロジェクト

まずふわっとした話(=゚ω゚)!

 

comsa.hatenadiary.jp

 

COMSAってなんなんですかね(=゚ω゚)笑

ビットコイン買おうってZaifで始めた人は、

 

なんか「CMS:ETH」とか「CMS:XEM」とか見るだろうし、

ビットフライヤーとか、コインチェックとかでやってる人は、

なんじゃそりゃ。って感じでしょうし。

 

知名度は結構高い気がするんですけどね。

いかんせん、1月17日現在稼働していません。

 

日本でまともなICOプラットフォームははじめてであり、

関係各所(お役所)と調整中であり、これから動き出すであろうプロジェクトです。

 

そして、COMSAは「トークンセール/ICO」というやりかたで、「クライアントによって新しく生み出される仮想通貨」を売る販売所みたいなものですが、CMSトークンは、そのお店で使うと、5パーセントほど安く新しいトークンが買える特典がつく仮想通貨(CMSトークン)です。

 

大きくいうと違うのですが、

トークンと仮想通貨は同じだと思ってもとりあえず困ることはないです。

 

そして、COMSAはなにより、仮想通貨を売るだけではなく、

それまでの準備はもちろん、

新たに生まれたトークンを利用して、仮想通貨による経済圏を作り出そう。

というものすごく大きな野望があるプロジェクトなのです。

 

そして、そこには、

COMSAプロジェクトを進めているテックビューロが運営する、

仮想通貨取引所Zaifも関わってくるし、

その他のサービスも関わってきて、

 

お金、そして価値の流れを大きく変える存在だと思っています。

 

では、具体的にいきましょう。

 

トークンセールとは

ぼくのサイトの名前(=゚ω゚)笑

 

COMSAに感銘をうけてブログを始めたので、

この名前です。

 

だからCMSトークンはとても好き。

 

トークンセールとは

金融庁のペーパー

 

「新たな事業計画を進めたいプロジェクトが、資金を集めるため、新たに電子トークンを作って、それを売る」

 

以上!!笑

 

 すごいシンプルなこといってますが、

これ以上でもこれ以下でもないです。

 

あるのは、そのトークンの仕組みだったり、

するわけです。

だからプロジェクトの中に、トークンが必要だ。

トークンがないと、このプロジェクトが機能しない!!

 

っていうトークンには価値が生まれます。

でも、プロジェクトに組み込まれてないトークンには価値が生まれません。

さらに、プロジェクト自体に魅力がなければ、価値は生まれません。

 

ということで、

トークンは、資金集めの道具でもあり、

そのプロジェクト自体を機能させるための重要なパーツでもあるのです。

 

ビットコインで例えよう

仮想通貨とトークンは違うのですが笑

でも、プロジェクトの稼働に必要不可欠なところは一緒なので、

 

有名なビットコインさんで例えましょう。

 

ビットコインさんの、

すごいところは、

ブロックチェーンさんの上でえっちらほっちら、

稼働しているところなんですが、

 

ビットコインが生み出したブロックチェーン技術最大の特徴は、「デジタルの希少性」、「絶対的な真贋性」、そして「絶対的な所有権」

2018年、テックビューロ代表朝山貴生より新年のご挨拶 | Token Spoken

 

真贋性。不正、改ざんが不可能なシステムなので、そこに1BTCあったら、それが覆ることはありません、絶対的所有権。そして2100万枚しかないので希少性があります。

 

そして上記のシステムを可能にしているのが、ブロックチェーンです。

ブロックチェーンとはたくさんのコンピュータがめっちゃ計算して、みんな計算の答え一緒だったな!って、うんうん。と時間が進み合意が覆る可能性がゼロになっていく絶対止まらない仕組みです。

 

彼らは止まらないし、覆りません。

 

すごいです。

だから1BTC持ってる人は、データ上絶対持ってるんです。

 

ここで(=゚ω゚)

 

ブロックチェーンでえっちらほっちら働いてくれる人が必要になってきます。

いっぱい計算して、いっぱい計算したデータをブロックにぎゅーって詰め込んで、

最後署名して消印押してチェーンでぐるぐる巻きにして、そのまま次のブロックにつなげてくれる働きマンが必要です。

 

ブロックの中の小人さんたち(=゚ω゚)

 

でも、やっぱりみんなただじゃ動いてくれません。

 

ただじゃ働かねーよ!!

うぇいうぇい。

 

「じゃービットコインあげるよ」

 

やる!!(`ェ´)!!!

 

ブロックチェーンさんのブロックの中にどこのアドレスにビットコインが何枚あるか書いた書類をまぜて運べば完璧。

 

ということで報酬でビットコインをあげるわけです。

 

 

そうです。

 

ビットコインが貰えるから、

みんなめっちゃ計算するんです。

いわゆるマイニングです。

 

ビットコインもらえなかったらやりませんよまったく(=゚ω゚)

 

んで、計算すればビットコインもらえるんだー。

まあ、こんなもんおもちゃだけどな、ぐへへ。

なんて最初簡単にそんな計算する人もいなかったんで、楽楽計算してましたが、

 

「あれ、なんかビットコインて価値あるんじゃね??」

 

ってなって、ビットコイン儲かるぞ!!

 

みたくなると、モー大変。

 

みんなマジ本気で計算開始。

 

計算が早い人ほど報酬がもらえるわけですが、

みんな巨大工場いっぱいくらいのマシンをつかって、

驚異的なパワーで計算を開始。

 

 

すごい電気代。

すごい電気使って、すごいマシンつかって、めっちゃ計算されて積み重なっていくブロックチェーン。

 

んで、年月は進み…はや9年(2018年)

 

本当にこいつ止まらないし、改ざんできないじゃ~ん。

 

それって価値あるよね!!

ってことで、価値が上がってきました。

 

今だと、法定通貨と取り替えるのがよくあるパターン。

日本に住んでると、ほんと自分の持ってるお金が多分来年も10年後もだいたい似たような価値なんだろうな。って思えますけど、

 

そう思えない国もたくさんあるわけです。

しかも、紙でもってると不都合が多い(なくなる、ごまかされる笑)

 

そんな価値より、ビットコインの方が価値があるんじゃねーのかと。

 

なのでビットコインさんには、

どんどん価値が溜まっていきます。

 

そしてその価値は、お金ともトレードできます。

 

200万から100万円くらいで笑

 

話をまとめると、

ビットコインさんは、ブロックチェーンさんを稼働させるために必要不可欠な仮想通貨なわけです。

そしてなにより、管理者がいない、止まることをしらない仮想通貨。

そこが他の仮想通貨と明らかに格が違う部分です。

 

詳細はここでは触れませんが、ビットコインほど管理者が不在な状態で、

オープンにまわしてて、りっぱにやってる仮想通貨は、実はあまりないです。

 

だから、仮想通貨ってシステムを回すために非常に計算しつくされて、

うまく設計されているめっちゃ現実的な代物なのです。

そこに価値がうまれるのは当然であって、

なんら不思議ではなく、無から生まれたわけでもありません。

 

トークンも同じ

ビットコインさんと同じで、

トークンも生まれた新たなシステムを回すために設計されたトークンなわけです。

そのトークンがなければ、うまくプロジェクトが回らない。

 

だから、デザイン、イメージが非常に大事になってくるのです。

 

そして、「COMSA」は、「CMSトークン」というものを、

 

作りました。

 

CMSトークン 

CMSトークンは、需要があります。

CMSトークンは新たな、

 

COMSAで行われる、トークンセールのときに、

CMSトークン経由でかうと、5パーセントOFFになるからです。

 

トークンセールの良いところは、

先行者が安くそのトークンを手に入れられること。

20パーセントオフとか。

そこい5パーセントプラス。

 

わお(=゚ω゚)

 

しかも、何が強いって、

実際にCMSトークンで買うときは、

CMSの価格関係ないっていう笑

 

なぜなら、法定通貨換算だから。

 

CMSが1万円のときに、1CMS買っても、1000円のときに、

10CMS買っても、その金額で新たなトークン買うからどっちにしろ1万円。

 

だから、いくらでもいいから、いくらでも買っちゃうかも(=゚ω゚)

それいいなぁ笑

 

ただ、トークンとして、重要度はわりと低い気もしますが、

(別にビットコインでも、新たなトークンを買うことがきっとできるから。)

 

それでも、COMSAがすごいのは、

もう企画が強すぎるわけです。

 

 

そして実際は、

法定通貨(普段のお金、日本円とか)からトークンへ切り替わる瞬間であるから、

そこまで仮想通貨仮想通貨ってことでもない。

 

ただ、COMSAをメインストリームとして、これから日本のトークンセールの真ん中でいくんだ。ってことで考えると、CMSトークンの価値は上げておいた方がいいのは間違いないです。

 

そしてやっとCOMSA

COMSAにCOMSAトークンが欠かせないように、

 

新しい世のプロジェクトに、

トークンが不可欠な状態が増えてきました。

 

まさにトークンエコノミーです。

新しい、事業計画を進めるために、

仮想通貨(トークン)が必要(=゚ω゚)

 

そこでCOMSAのプラットフォ―ムを利用して

 

新たなトークンを生み出すのです。

さきほど言ったように、

 

ブロックチェーンを活用したシステムで、

そのシステムを利用して事業を動かしたいなら、

 

それは、そこは、トークンが必要です。

 

 

COMSAは新たなブロックチェーン事業のために、

そのプロジェクトを稼働させるための、

 

トークンを生成して、

Zaifで取引を開始します。

 

これが、COMSAの存在意義です。

 

トークンの行く末

そのトークンの価値が上がって、

人生にプラスの影響が出ているといいのですが、

 

いろんなクライアントが、自分独自のトークンを発行します。

次の時、仮想通貨とトークンの違いとかやります。

 

トークンは世界を覆います。

そしてトークン同士も勝手に交換することが可能になります。

 

改ざん不可能な情報を利用したユースケースが考え出され、

それを機能させていくには、

 

仮想通貨が報酬として必要です。

今回はここまで。

 

ふわっとした話でしたし、

ほとんどCMSの具体的な話はできませんでしたが、

 

トークンの大切さ、

そのトークンを生み出す、

 

COMSAの凄さは伝わったんじゃないでしょうか。

 

次は具体的に、

COMSAのすごいところ、

ユースケ―スなど観ていきたいと思います

 

そして、日本の仮想通貨市場の中では、

多くの仮想通貨のスタート地点になるであろうし、

スタート段階では、

独占的な働きをするだろうし、

もしかしたら、結構独占かもしれません。

 

 

そんなCOMSAには非常に期待しております。

次は具体的に。

01はここまで。

 

ありがとうございました。 

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

今はzaifを主に使って使っています。応援してます。次世代プラットフォーム_COMSA_そしてイーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。そして新たな価値トークンとは。クリプトピアとバンクエラが好きです。