トークンセール

登録方法とか入金とか。好きな仮想通貨の情報をまとめてます。ZaifとCOMSAと、海外の仮想通貨と未来の動線が好きです。

2017.11_バンクエラ/Bankera_レベニューシェア(収益分配)の計算式が発表されるようになりました_BNKトークン

COMSAとトークセール

ビットコインとトークンセールの関係性や、仮想通貨始め買始めに買うときに



f:id:memento377:20171107222843p:plain

11月27日よりBNKトークン/トークンセール

バンクエラ/BankeraのICO(トークンセール)が

11月27日より始まります。

 

 

 

9月末まで行われていたプレトークンセールでは

予定していた25億BNK(ざっくり35億〜40億円くらい)をさばきまして、

順調にいっているみたいです。

 

bankera.com

 

それで大きくでて、今回は

3倍の75億BNKトークンです。

 

f:id:memento377:20171107224343p:plain

こちらは今回のトークンセールの価格です。

後半どんどん価格が上がっていきます。

 

この量を、トークンセールといって、

応募してきた方限定で販売します。

 

日本では、11月6日に終了しました、

COMSAのトークンセールがありました。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

レベニューシェア(収益分配)が行われるBNKトークン

BNKトークンを保有していると、

そのトークン数に合わせて、

 

毎週収益の分配(利息って呼ばれてたりします)

が、行われています。

 

バンカートークン各保有者には純取引利益分配額が利息として毎週支払われます。これはバンクエラの゙純取引利益の20%から構成され、毎週スマートコントラクトに送られます。例えば、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてスマートコントラクトに送られます。

https://bankera.com/index-ja.html

 

純利益の20%が分配金となる。ってことです。

そして、

 

続いて、バンクエラのスマートコントラクトがトークン保有者にこの利益を按分します。仮に、もし計500億のバンカートークンあり、お客様がそのうちの100万バンカーを所有した場合、およそ40ユーロに相当する仮想通貨がお客様に配布されます。 

 その20%をBNK(バンカー)トークンを持っている量に応じて、

分配されます。

 

 

「ブロックチェーン時代の銀行」

をイメージして事業を行っているので、

感じとしては銀行です。

 

なので、BNKトークンを発行しているバンクエラに、

仮想通貨を預ける(BNKトークンを買う)と、

利息がもらえる。こんなイメージです。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

今までは透明性が不十分でした

20%を、保有量によって分配されていたんだと思います。

ただ、純利益が発表されたいなかったので、

実際はどういう計算式で、

 

収益を配分していたかわかりませんでした。

 

そのまま、8週分、

レベニューシェア(収益分配)されていました。

なんか毎週(ETH/イーサリアム)入ってきていたので、あんまり考えていませんでした笑

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

ちなみに僕は10万円分くらいBNKトークンをプレセールで購入しました。

それで、

もらえたイーサリアム(ETH)が、

f:id:memento377:20171107225603p:plain

プレセール途中で購入したので、

僕は8週(一番多い人はたしか10週)もらっているのですが、

8週間で

 

0.016ETH=4ユーロです。

一ヶ月2ユーロくらいです笑

少ない気もしますが。

 

ただ、バンクエラはまだ大部分は始まっております。

いわゆるMVPで運営されております、ほとんど。

 

MVP=Minimum Viable Product

 

(最小限の実行できる製品)です。

 

バンクエラという(ブロックチェーン時代の銀行)を

作るという壮大なプロジェクトがありますが、

その中の一部の機能として

 

BNKトークンを購入できる

「スペクトロコイン」

というBitcoinウォレット(MVP)が稼働していまうす。

 

逆にいうと、最小限しか稼働してないということです。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

不透明さ払拭/発表されたレベニューシェアの数字

不透明感があった、

収益分配。

 

9週目(11月1日分)から詳細が発表されるようになりました。

 

バンクエラのブログです。

The 9th week’s net transactional revenue share has been paid – Bankera

 

9週目の詳細を書いてみたいと思います。

SpectroCoinは93,968.91ユーロの純取引収益を生み出しました。そのうちBankeraのトークン保有者に分配する20%は18,793.78ユーロまたは71.40 ETH(1ETHに対しての為替レートは263.23ユーロ) 

The 9th week’s net transactional revenue share has been paid – Bankera

 

純利益が約1239 万円

 

そのうち分配される20%が247万円

 

全体で2,921,771,740のBNKトークンが発行された

The 9th week’s net transactional revenue share has been paid – Bankera 

 

25億のプレトークンセールと、

紹介手数料ボーナスや経営陣分で29億BNK。

 

BNK保有者には1BNKに対して0.0000000244361340137107 ETH

The 9th week’s net transactional revenue share has been paid – Bankera 

 

ゼロが多すぎてよくわかりません笑

 

0.0000000244361340137107 ETHイコール

0.00000643232565642907 EUR

0.000848658865 円

 

です((((;゚Д゚))))笑

 

89,772BNKもっているので、

89772✕0.00084=75円

 

この収益シェアは、年間収益率3.400264%(BNKあたり0.0003400264ユーロ)に相当します。

The 9th week’s net transactional revenue share has been paid – Bankera 

 

年率3.4%。

 

75✕52週(アバウト1年)=3900円

3900÷118000円(もってるBNKトークン分)=0.033

 

おー!!笑

 

んで、収益に直結します、

スペクトロコイン参加者の人数は

 

SpectroCoinコミュニティは、先週420,046人から430,189人に10,043人の新規ユーザーが増えたことにも言及する価値があります。その

 

後、より多くの取引とより高い正味取引収益をもたらす。

The 9th week’s net transactional revenue share has been paid – Bankera

 

一週間で1万人増えました。順調ですね。

 

こういう情報が、バンクエラのブログに載っています。

たまに確認してみてください。

 

そしてこの翌週のレベニューシェアの詳細も出ています。

 

先週、SpectroCoinは97,881.52ユーロの純取引収益を生み出しました。そのうちBankeraのトークン保有者に分配される20%は19,576.31ユーロまたは74.85 ETH(1エーテルに対して現在の為替レートは261.53ユーロ)です

 

年間収益率3.5355847%(1 BNKあたり0.00035355847ユーロ)に相当します。

 

SpectroCoinコミュニティは、430,189人から440,336人まで、先週、10,147人の新規ユーザーによって成長したことに言及する価値があります。その後、より多くの取引とより高い正味取引収益をもたらす。 

 

全体的に前の週より良い数字です。

年率も3.5%になり、また1万人増えたみたいです。

 

毎週数字がよくなるわけではありませんが、

ただ、トークンセールが終了した頃には、

もう少しよくなってるのではないでしょうか。

 

非常に透明性が高まったなあという印象です。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

スペクトロコインの収入源

f:id:memento377:20171108011134p:plain

すでに仮想通貨ウォレットとして稼働しているスペクトロコイン。

仮想通貨や、法定通貨との交換手数料、さらにデビットカードの手数料などが、

収入源です。

 

なので、スペクトロコインコミュニティの参加者が増えて、

使う人が増えていけば、もちろん利益は上がっていきますし、

バンクエラが動き出せば、そちらの利益も加算されます。

両方とも軌道に乗るまでは、

20%の分配は続くみたいです。

いつまでなんですかね笑

 

ぜひ、ホワイトペーパーも読んでみてください。

好きな仮想通貨をオススメしていますが、

ホワイトペーパーを読まないで参加するのは、やっぱり危険です。

https://bankera.com/Bankera_whitepaper_JA.pdf

 

まとめ

「ブロックチェーン時代の銀行」をビジョンにかかげる『バンクエラ』。

バンクエラは「BNK(バンカー)トークン」を新規に発行し、

 

11月27日からトークンセールを行います。

 

そして、トークンセールに参加して、

BNKトークンを購入できるのは、

 

スペクトロコインだけです。

 

スペクトロコインを見てみる。

(右上の地球マークをクリックすると日本語ページが選べます。)

 

ビジョンは非常に面白いと思います。

 

日本語のページがある仮想通貨はとても嬉しいです。

なんで日本語あるかっていうと、

アドバイザーにNEMのロンさんがおるからだと思います。

f:id:memento377:20171108013112p:plain

NEMは、テックビューロ(Zaif&COMSAの運営会社)がプロダクトしているmijinってCOMSAの基盤になる技術も、提携し一から開発しています。

mijinについて | mijin

 

なので、仮想通貨取引所Zaifなんか利用している人には、

馴染みのある人がアドバイザーなので笑

 

少し入りやすいかなと。

 

バンクエラ自体は、2018年くらいから稼働するみたいです。

そして、今のメインはスペクトロコイン(Spectoro coin)です。

 

Bitcoin100万円が少しだけ見えてきた未だに、

仮想通貨を持っている人って結構少ないです。

2018年を見据えて、

一つの選択肢としてBNKトークンも考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

登録している仮想通貨取引所をならべてみた

Zaif

ビットフライヤー

コインチェック

クリプトピア

Aidos Market

Bittrex

ポロ二エックス

 

Bitcoinウォレット(右上の地球マークで日本語へ)

BNKトークン購入できるところです。

スペクトロコイン

 

トークンセール/ICO

COMSA

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

今はzaifを主に使って使っています。応援してます。次世代プラットフォーム_COMSA_そしてイーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。そして新たな価値トークンとは。クリプトピアとバンクエラが好きです。