トークンセール

自分の価値影響力を上げよう。描け動線。描け未来。ICO(トークンセール)で自分のプラットフォームを生きよう_主にCOMSA

トークンセールとは。

COMSAとトークセール

ビットコインとトークンセールの関係性や、仮想通貨始め買始めに買うときに

 

comsa.hatenadiary.jp

 

トークンセールとは。

  

 

トークンとは、の前に、

まず大前提として、

 

ICO=トークンセール

 

で、問題ないです。

それで、あーなるほど。な人はもうこの記事いいです笑

 

ちなみに、暗号通貨と仮想通貨も同じです。

元々Cryptocurrency。クリプトカレンシーみたいな言い方で、

crypto=暗号、秘密のみたいな意味です。

本来は暗号通貨です。仮想通貨は仮想って言葉が好きな日本特有なものですけど、仮想はかっこいい。

 

トークン=仮想通貨

 

なので今の所「仮想通貨セール」です。

いちおう、違いがあるとすれば、

トークンは、そのトークンを使って違うトークンに両替できません。トークン同士の両替ができない。

というか、送金できないというか、通貨として機能してないのがトークンです。

ただ、値段がついたり、ビットコインや主要な通貨の両替できたり。

なんだろ、仮想通貨を持ちたい理由が一般的な人にとっては、トークンも仮想通貨も同じです。人気があれば価格は上がりますし、人気がなければ下がります。

 

トレーディングカードと同じです。

 

そしてICO。

ICO=(Initial Coin Offering)

仮想通貨を用いた資金調達。

 

よく、比較されるのがIPO(新規株式公開)

 

なのでICO(トークンセール)は、

資金調達したい、例えば企業が。でいいのですが、

法人って仮想人間の方が言葉としてすきです。

営利社団法人=会社。

法人と企業はくくってる幅が違いますが。

 

法人が新たなプロジェクトのため、お金が必要だと。

そこで、トークン(仮想通貨)を新規に発行。

 

それを、みんなにビットコインや、NEMなどの仮想通貨で買ってもらう。

 

 

法人さんは、トークン(仮想通貨)を買ってもらって資金調達ができる。

トークンを買った側は、独自の仮想通貨を手にいれる。

 

そして、それは新たな経済圏をつくるし、

あらたなプラットフォームを誕生させて、

僕らの生活をよりシンプルにしてくれるはず。

 

とにかくビットコインを手に入れてみよう。 - トークンセール

 

comsa.hatenadiary.jp

 

  

 

セールとは、

売ること!!!!

そのまま笑

 

トークン(仮想通貨)を売ることです。

 

 そして、日本でもとうとう、

本格的なICOプラットフォームが動き出します。

 

COMSA - 実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション

ビットコインという言葉で、トークンという言葉や、

仮想通貨という言葉に興味をもたれたと思いますが、

大本の「ブロックチェーン」の本来の力は、

高い信用性です。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

ブロックチェーンで、インターネットの世界が大きく変わります。

世界の動線が、お金の動線が変わると言っても過言ではないです。

時代が変わる瞬間に、スタートラインに立っていた人は、

立っていなかった人と大きな差がつきます。

とにかく、スタートラインに立つことが大事です。

新しい世界が待っています。

 

とにかくビットコインを手に入れてみよう。 - トークンセール

 

今大盛り上がりの海外の仮想通貨取引所に参加するのも、

10月から本格的に動き出す、

日本で初めての大型ICOソリューション「COMSA」も、

他の多くのトークンセールも、

ブロックチェーンを介した、新しいプラットフォームも、

 

全てにおいて、まず仮想通貨を手に入れるところから始まります。

ぜひ、購入してみましょう。

意外と簡単です。

多くのブロックチェーンを利用した新しいプロジェクトのロードマップ(予定表)をみると、

「2018年」に大きく動き出すものが多いです。

実はこれからなんです。

 

最短10分でBITCOINを購入/Coincheck

 

ぜひ、新たなプロジェクト に参加していきましょう。

iPhone3Gからありましたが、多くの人は5くらいからでした。

Windows95もありましたが、多くは97からでした。

仮想通貨の今の現状は、

iPhone3Gみたいなものです。

 

みな驚きながら、ただ、だれもが完全に使いこなせず、

文句ばっかりいっているようなタイミングです。

でも2018年、きっと来年は。

大きく流れが変わる、というか加速するでしょう。

あとはタイミングです。

 

comsa.hatenadiary.jp

 

IPO 新規公開株

ICO クラウドファンディング

トークンセール 新規公開トークン

 

トークンセールの取説でした。

みんなの信用と期待で値動きしてる部分が多いですが、

それはすべてのものに共通です。

たまたま、仮想で通貨で、新たなプラットフォームだっただけです、

仕組み自体は、わりと普遍的なことだと思います。

 

それじゃ、新規に発行したトークンの価値は?

 

そう、買ったトークンは参加した人へのお土産だとしたら、

特にリターンのないクラウドファンディングみたいなものです。

頑張ってね。って。

 

もし、トークンにリターンがあるとすれば、

仮想通貨を用いて、売買できることじゃないでしょうか。

 

 

テックビューロ社の仮想通貨取引所Zaifを運営している会社ですが。

 テックビューロさんが、まさにトークンセールの新しいプラットフォームを作っているのです。

 

せっかく買った、トークン。

まずそこにあるのは会社の信用。会社の信用通貨です。

で、そこに売買が入ってくると市場原理が加わります。

 

トークン(仮想通貨)セールは、

独自トークンを新規に発行して、それ売る。

 

それで、そのトークンセールを担う、プラットフォームが

「COMSA」

 

メアドを登録して情報を得よう/COMSA

 

テックビューロが仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション『COMSA』を発表 | COMSA

 

 

 この記事めっちゃ面白い。僕の中のイメージはほとんどここからです。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

  

 「COMSA」は、

トークンセールをしたい人への準備もしますし、

トークン自体の売買プラットフォームでもあります。

それがすごい。

 

まさに本物のプラットフォーム。

 

 

 

 

 ひとまずこちらへ

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

 

 

次世代プラットフォーム_COMSA_そしてイーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。そして新たな価値トークンとは