トークンセール

登録方法とか入金とか。好きな仮想通貨の情報をまとめてます。ZaifとCOMSAと、海外の仮想通貨と未来の動線が好きです。

AIや圧倒的スピード、時間の多次元化。そしてアインシュタイン

COMSAとトークセール

ビットコインとトークンセールの関係性や、仮想通貨始め買始めに買うときに



 

comsa.hatenadiary.jp

 これの次の記事です。

 

トークンセールは価値があるものから、価値だけを抽出して、

それを新しい世界、多次元プラットフォームで展開するものだと思っています。

 

トークンセールとは。

 

21世紀のこの時代。

結局アインシュタインみんなの共通認識ワードに戻るわけです。

E=mc2 

2は二乗のつもりです笑

エネルギーと質量が等価だと。特殊なときに。

特殊ってのは日常の世界じゃないわけですが、それは重力がない世界といいますか、

たとえばネットの世界であってもいいのではないでしょうか。

人間の大元もコードによってタンパク質の生成から始まっていて、昨日くらい

2017年の夏のどっかで、そのコードを今までよりわりと簡単に書き換えて、

簡単なコーディングならできると。

それプラグラミングやん。

 

それって、世界がコーディングされた世界って感じでも言えなくはないし、

そもそも作られた世界のインターネットって空間は、もうまんまじゃないと。

それは特殊性の中なのです。

 

そこで、またアインシュタインだったと思いますが、

光の速さは変わらないけど(次元が変わると事情もかわる)、距離か時間がかわる。でしたっけ。

時間、距離、速さ。

 

この三つは今まさにキーワード。

 

そこは「AI」ってワードにもくっついてくると思うし、

作られた世界、つくられたモノに関して言えば、

すべてひっかかってくるんじゃないでしょうか。

すべてに共通していえるのは、

 

「時間」とか「距離」や「速さ」を歪めるための行為だと。

この本の影響もあるので、

あ、オススメでホモサピエンス全史。

 

農耕とかから初めてもいいのですが、

そのまえの想像力の、フィクションの獲得。

過去、現在、未来。って概念。それを獲得したり、

農耕もそうですけど、

全部、時間を歪める、時間をコントロールするための行為でもあります。

 

そして、産業革命。

距離を歪める革命。

 

かっとばせー。

 

そして、速さを歪める。

文章的な綺麗さで、一つ、一つで書きましたが、これらは相互に作用しているので、全然バラバラじゃないのですが、

速さを歪めてるやつもいると。

それはAIって漠然と呼ばれるやつです。

 

AIって仕組み自体というか、そんイメージですよね。

深層学習って自分で勝手に学習するシステムと現在のテクノロジーのパワーによって、圧倒的速さで、何かを処理していくと。

 

もう、どんどんゆがんでいくわけですよ。

時間も、距離も、速さも。

 

その世界は、明らかに不確実性をもってるわけで、そんなもん当たり前じゃない。って。

もし時間が止まったとしても、不確定要素はのこるのではないか。直感。

裏付けはないですけどね、論文じゃないので笑

 

フィクションです。ただ、この世界の仕組み、

通貨、社会、仮想空間。

すべてフィクションです。

科学もみんながまあそうだよねって条件絞った一般世界というなのすべて特殊環境の中の話、フィクションですね。

 

作られた世界の作られた世界に作られた通貨が出来上がりました。

 

 

comsa.hatenadiary.jp

 

 

これからも、イメージの中でイメージが膨らんでそこから価値が生まれるっていう、遠い世界のような、でもよく考えたらだれもが手に入れられる世界に、

価値がたくさん埋まっているレッツマイニング!!

 

CM_____

 

 お金持ちになろう

comsa.hatenadiary.jp

 

「時間」「(距離)空間」「速さ」

これらのワードを歪めましょう。

それができる世界も近づいてます。

Token Sale Dashboard | COMSA

 

 

 

今はzaifを主に使って使っています。応援してます。次世代プラットフォーム_COMSA_そしてイーサリアム時代。価値が価値を生み新しい社会の動線が描かれる。そして新たな価値トークンとは。クリプトピアとバンクエラが好きです。